赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    「あるもの」の正体

    前々回から引っ張っている「あるもの」ですが、その正体はコレです。
    相変わらず汚い机w
    要するに、パソコンとプリンタさえあれば、簡単に自作のデカールを作ることが出来るといふわけです。
    しかも従来品とは異なり、インクジェット方式のプリンタで印刷することが出来ます。

    で、コイツに方向幕を印刷するのですが、印刷対象がかなり小さいため、印刷される部分に、にじみ防止のベーススプレーを噴きました。
    そして、実サイズの10%の大きさで印刷しましたが、その結果がコレです・・・。
    幅約2mm・・・
    見事に文字が潰れてしまいました(´;ω;`)
    滲んでいるわけでもないので、おそらくプリンタ側の性能によるものではないかと思います。

    あとは切り取って水に浸して・・・と行いたいところですが、そのままではインクが水に流れてしまうのです。
    そこで、クリアを数回に分けて噴き、印刷面の保護をします。
    それが乾いたら、必要な大きさに切り取って、再びクリアを噴きます。
    というのも、たとえ小さな切断面からでも、水に浸かるとインクは流れ出るからです。
    手間はかかりますが、そこは「仕方ない」の一言で片付けましょう。
    そして、ようやく貼り付け準備の整ったのがこちら。
    貼り付け準備完了の図
    一片の大きさは、縦1mm・横3.3mmです・・・(´*ω*`)
    あとは、普段通りの方法で貼り付けます。
    こうやって見ると、荒が目立ちますねorz
    大きさもぴったりです。


    あとは・・・表面保護にクリアを噴いて、組み立てれば・・・完成です。
    あと一息(`・ω・´)
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2007/10/12(金) 23:13:22|
    2. Bトレ・小田急9000形
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<小田急9000形 | ホーム | 古今折衷>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/93-4450c464
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)