赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    【東急車トップの】GM・東急9000系9001F[1]【イケメン】

    今回はこいつです。
    9001Fとして組む
    GMの東急9000系。
    編成は9001F、8両編成東横線仕様とします。

    先ずは車体を出す。
    東横線8両とする

    いつも通り、前面の手すりとステップのモールドを削ぐ。
    手すりとステップを削ぐ

    屋上機器と繋がる屋上配線の一部も削ぐ。
    屋上機器と繋がる配線も削ぐ
    屋上の手すりはそのままとします。
    過去の9009F、1001F、1021Fと同様です。

    さてここから、9001Fに近づける為の加工を行います。
    模型化されているのは9008F以降の、いわゆる「後期車」とも呼ばれるタイプでして・・・
    プロトタイプは9008F以降
    側面腰板部分は割とすっきりとしています。
    折角なので、この辺もそれっぽく作り分けてみようかと思い・・・
    これを使う
    厚さ0.13mmのプラ板を・・・
    幅約1.9mm
    幅約1.9mmに切り出して・・・
    貼り付ける
    腰板部分に貼り付けてみました。

    正直言って・・・
    この程度の差・・・
    こんな程度しか変わっていません(・ω・`)

    腰板部分でもあまり変わり映えしないのに、ついついここも・・・
    ここも・・・
    車側灯部分。
    9001Fのみ、四角い台座のようなものがありますので・・・
    一旦削いで・・・
    車側灯を一旦削いで・・・
    再度装着・・・
    厚さ0.13mmのプラ片をそれっぽい大きさに切り出して貼り付けてみました。
    こうなるともう自己満足の世界ですねw


    ところで先ほどの腰板部分のプラ板ですが・・・
    だいぶヒケが出ているので・・・
    接着剤の影響でヒケが発生していますので・・・
    サフを塗って埋める
    液体サフを塗って埋めておきます。
    この後ペーパーがけ
    サフが乾燥してから、ペーパーがけをして整えますが、それは次回にでも。
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2011/06/24(金) 23:07:45|
    2. GM・東急9000系9001F
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<【東急車トップの】GM・東急9000系9001F[2]【イケメン】 | ホーム | 端から二番目>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/882-59e94c11
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)