赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    ゴム更新[1]

    床下パーツの複製には、シリコーンゴムで作った型を使います。
    この型にレジンを流し込んで、それが硬化することで原型と同じものを得ることができるのです。

    ただし、その「型」というのがですね・・・
    ボロボロ・・・
    使っているうちに劣化して、そのうち流したレジンと癒着し、最終的には型の一部が千切れるなどして使用できなくなってしまうのです・・・。

    今、丁度手掛けているものが無いので、今のうちに型の更新(というか代替新造的な感じ)を行っておきます。


    元の型はもう使用することは無いので・・・
    さいころ状にカット
    こんな風に、サイコロ状にカットしてしまいます。
    もちろん、そのまま廃棄・・・はしません。

    型は上下二分割で作りますので、まずはその半分を作ります。
    基本的に原型のパーティングラインで上下分割しますので・・・
    粘土を敷いて・・・
    手ごろなサイズに粘土を伸ばして敷きます。

    これに・・・
    原型を埋める
    原型の半分、実際には原型のパーティングラインに合わせて埋めます。
    極端な話、型から複製物を取るときに、無理に型を変形させないで取れれば良いわけで。

    ついでに、各機器箱毎に独自に番号を振っておきました。
    今後のために番号を振っておく
    これは、床下機器の配置をメモするときに使います。


    シリコーンゴムを流す為に、原型の周囲を囲みます。
    枠を組む

    その中の空白部分に、最初にサイコロ状にカットした古い型を配置します。
    ブロックを配置
    これ、単純に新たなゴムの使用量を減らす為のイカサマですw

    シリコーンゴムを少量流し、さらに古いゴム型を投入。
    さらに嵩増し
    投入した型の分だけ、新たなゴムの使用量を減らせます。

    さらに新たなゴムを流して、後は硬化するまで放置。
    しばらく放置
    使ったゴムの量は、枠一つに対して、写っている容器一杯分ほどです。
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2011/06/13(月) 22:58:48|
    2. 模型全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<ゴム更新[2] | ホーム | 【田都の】GM・東急8500系8639F[3:事後報告]【分身】>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/866-17b8ee66
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)