赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    【田都の】GM・東急8500系8639F[2]【分身】

    昨日の続きです。
    洗浄後
    塗装前には車体を中性洗剤で洗っておきます。

    印刷物「解せぬ」
    やっぱり銀色塗装が一番楽しいです(・∀・)
    思わずニヤニヤ(゚∀゚)
    毎度お馴染みのこの構図w


    一通り塗装が終わったら、前面の帯を復元します。
    改めて帯を再現
    といっても、9009Fで用意した自作デカールを貼るだけですが。
    車体に印刷されていたものは、グラデーション・・・というよりは「網点」でしたので・・・。
    6000系の前面グラデもこんな風になってしまうのか(・ω・`)

    余白を残したまま貼ります。
    余白を残して貼る
    断面から印刷面に水が入り込むと、印刷が水に流れてしまうので・・・。
    ある程度乾燥してから、余白を除去します。

    その乾燥時間に・・・
    輪芯は筆塗り
    輪芯とスカート支柱に色を入れておきました。


    デカールの余白を除去し、車番インレタを貼って、本日の作業は終了。
    どうもインレタが決まらない(・ω・`)
    相変わらず、インレタがビシッと決まりません(・ω・`)
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2011/06/07(火) 23:00:32|
    2. GM・東急8500系8639F
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<【田都の】GM・東急8500系8639F[3:事後報告]【分身】 | ホーム | 【田都の】GM・東急8500系8639F[1]【分身】>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/859-02718d95
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)