赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    GMの東急8500系から8000系[振り返り:7]

    もう振り返りどころではありませんね・・・。
    屋根とクーラーの色を塗り替えようとしていただけなのに、まさかこんな事態になるとは(・ω・`)

    落ち着いて被災した車輌を確認してみます。
    落下物除去
    とりあえずは落下してきたものを取り除きました。
    パッと見では、車体全体が割れるなど大きな損傷は無さそうですが・・・

    一両ずつ車体を確認していきましたら、やっぱりありました・・・
    配管破損
    8039Fの7号車、8159号車の配管部分。
    落下物に当たった衝撃で曲がってしまっています。
    試しに元の形に曲げ直してみたところ・・・
    これで様子見
    それっぽく戻りましたので、この車体は引き続き使用することにします。
    そういえばあの時、落下物は8017号車の付近に落ちてきましたので、その巻き添えを食らったものと思われます。

    ってことは、一番被害が出ているのは8017か?と思い車体を確認したら・・・
    8017号車が被災・・・
    思ったとおりです(´;ω;`)
    乗務員室扉右側の側波板部分で塗装剥離、幕波板部分欠損。
    こうなると手の施しようがありません(´・ω:;.:...

    山側は無事
    山側はほぼ無傷なのですが・・・

    海側が・・・
    海側はこの状態。

    該当部分拡大。
    これは修正できないな・・・
    8000系列はコルゲーションが命だと思うワタクシにとって、これは無視できません。
    また、修正するにも今のワタクシの技量では、逆にその部分を目立たせてしまいかねません・・・。


    そうなると残る方法は、車体だけ作り直し、要するに代替新造することになりますね。
    代替新造
    とりあえず在庫のキットから8600形を調達。
    先頭部切り取り
    8000系とするため前面部分は切り離します。

    被災車体からも先頭部切り取り
    一方、被災車体からは前面を切り離しました。

    殆どの部材は被災車体から転用
    その他後付の部材も、被災車体から調達しています。

    はみ出た瞬着は後ほど整形します
    側面行先表示器も転用。
    はみ出た瞬着は後ほど整形します。

    1時間ほどで・・・
    作業時間1時間ほど
    大部分は移植完了です。
    妻面の屋根Rの調整など、細かい部分は後日手を入れることにします。
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2011/03/12(土) 23:38:18|
    2. GM・東急8500系→8000系
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<GMの東急8500系から8000系[振り返り:8] | ホーム | M8.8>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/824-70ffd928
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)