赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    【完成品でも】GM・東急8500系8636F[振り返り]【弄ってやんよ】

    工作記事をお待ちの方、大変お待たせいたしました。
    ぼちぼち模型弄り再開します。

    今年一発目は、過去に作ったやつらの振り返りをしてみます。
    その第一弾として、最後に組んだ8500系8636Fをとりあげます。
    暫定の2両編成
    GMの8500系軽量車の特徴として、カトーカプラーに交換するとカーブで車体同士が接触する事例が発生します。
    このままでは、せっかく貸しレに行っても、走行不能で即撤収・・・なんて事態もあるわけです。
    実際ワタクシもそういう経験をしていますので、これは何とかしないといけません。

    ってことで、ここではカトーカプラーのまま、連結面間隔を広げることでこの現象を解消しようと考えます。

    まずは、単純にカプラーを交換しただけの連結面間隔を見てみます。
    換算45cmくらい
    これはこれで実感的なのですが、走行させるにはちょっと間隔が狭いです。
    幌パーツも、通常の半分の厚さにして装着しています。

    じゃあ、具体的な数値を出してみましょう。
    連結間隔は3mm
    約3.0mmですね。
    実車換算で45cmですから・・・、実車よりも狭いのか(・ω・`)

    R282上では・・・
    R282上では車体の角が接触
    このように、車体の角が接触します。
    そして直線上に戻るとき、妻面のモールドなどに引っかかって・・・
    最終的には脱輪
    車体がスムーズに動かず、脱輪。

    ではどうするか。
    一番簡単なのは、連結面間隔を延長することです。
    では、実感を損なわずどの程度延長すればよいのかを考えます。

    結果を言ってしまえばこのくらいでした。
    1.0mm延長
    4.0mmです。
    実車換算で60cm。

    僅か1.0mmの違いですが・・・
    コレで行きます
    接触を回避できました。

    で、どこから1.0mmという数値が出たかというと、単純に「連結させない」状態、つまりはカプラー同士をつき合わせただけです。
    その状態が偶然1.0mmだった、それだけです(・ω・)

    それでは何処をどうやって加工するか。
    なるべくリスクの低い方法を考えると、次の方法かなと。
    加工場所は・・・
    弄るべき箇所はここ
    矢印の部分。

    カトーカプラーの根元の部分です。
    根元部分の大体半分程度
    こんな感じで、具体的には0.5mm削るだけです。
    しかし、こんな小さなパーツで0.5mm削る・・・と言われると嫌気がさしますから、簡単に言い直せば「根元部分の厚さを半分くらいにする」で充分です。
    画像みたいに、水平垂直無視の超テキトーな加工でも問題ないでしょう、たぶん(・ω・ )

    カプラー加工後に再度連結して・・・
    加工後の連結面間隔
    4.0mmに・・・なっていませんがw、こんな程度で大丈夫でしょう。

    重要なのは、車体同士が接触しないこと。
    R282通過可能になりました
    R282をクリアできました。

    同半径のS字カーブも・・・
    S字でも大丈夫
    問題なくクリアできればOKです。

    とりあえずこれで様子見
    作業後は、全車ともチェックをして、完了です。

    もちろん、他にもやり方はありますので、あくまでも一方法として・・・。
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2011/02/11(金) 22:33:24|
    2. GM・東急8500系8636F
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<GMの東急8500系から8000系[振り返り:1] | ホーム | 第62回さっぽろ雪祭り>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/816-6e10114c
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)