赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    GMの東急8500系から8000系[34]

    エアブラシでは困難な細部の塗装を行いました。

    まずは車輪。
    地味に続く・・・
    輪芯部分を一つずつ筆塗りするという地味な作業です・・・。

    この間塗料の容器の蓋は開けたままですが、長時間開けておくと中の塗料が乾燥するものですから・・・
    なんだこれw
    こう、半乾きの塗料の塊が釣れることが2回ほど・・・。

    作業時間は、たぶん1時間半以上は掛かっているはずです。
    疲れる・・・
    いくら作業用BGMを流しているとはいえ、流石に長く感じましたよε=(・ω・`)


    続いて配管の塗装を。
    途中で色分け
    1000系の時と同様に、妻面の配管は2色で塗り分けました。

    パンタは今までどおり、碍子を白、擦り板を銅、ホーンは黄緑に塗り分けました。
    ホーンは黄緑色
    この黄緑色は、釣具用の塗料を使って再現しています。
    本来は釣具用らしい
    これです。
    これ、すぐに顔料が沈んでしまうので、こまめに攪拌させる必要があります。


    輪芯の塗装と並んでめんどくさいのがこれ。
    次なる強敵
    クーラーへの墨入れ。

    作業してだいたい45分で塗りは終了。
    約45分

    続いてはみ出した塗料を拭き取りまして・・・
    やっと片付いた・・・
    これも45分くらいだったかと・・・。
    どうも拭き取り具合が揃わないのですが・・・、これ以上深追いするのは止めます。

    まだ塗り分ける箇所が残っていますが、それは次回にでも。
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2010/09/21(火) 23:17:32|
    2. GM・東急8500系→8000系
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<GMの東急8500系から8000系[35] | ホーム | GMの東急8500系から8000系[33]>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/771-99b45733
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)