赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    GMの東急8500系から8000系[23]

    本日、本当ならば出かける予定だったのですが・・・
    花火大会対応後でくたばっていた為か、無意識のうちに目覚まし止めていたらしく、起きたら予定の時間の30分前くらいでしてorz
    どう考えても間に合わないので、予定については仕方なく諦めることに(´・ω:;.:...


    とりあえず工作を進めることにします。
    他にも数種類
    前回中途半端だった床下パーツの複製を行いましたが、必要個数を控えていないので足りているかどうか分かりませんが(・ω・)


    この前買ってきた例のパーツは・・・
    例のアレ
    こんな感じに組んで使用することにします。
    これは種別灯のライトケースとなります。


    角灯についてはひと段落ですので、今度は前照灯について考えます。
    これを・・・
    ライトケースの前照灯はちょっとアレなので、別途金属パーツを使って再現します。

    とりあえず車体にはめてみます。
    こうする
    ちょっと飛び出し気味な感じもするのですが、とりあえずこれで進めます。

    問題は、ライトユニットの導光器をどうやって通すかなのです。
    前照灯パーツの内径が約0.8mm、外径は1.25mm、導光器の外径が1.15mmなので、そのままでは導光器を通せません。
    内径を拡大しようにも、厚さが0.05mmまでに減ってしまうので上手くいくかどうか(・ω・`)

    とりあえず様子見で、0.9mmのドリルで内径を拡大してみます。
    パーツを車体にはめたままドリルを突っ込んだところ・・・
    あ゛
    一瞬何が起こったのかわからなくなりましたが・・・。
    前照灯パーツがドリルと一体に回転し、周囲のプラを溶かしてしまったようです。

    パーツを外すとこうなっていました・・・。
    なんてことを・・・
    幸いだったのが、極部分的にしか溶けていなかったこと。

    とりあえずゼリー瞬着で埋めておきます。
    とりあえず埋め
    本来ならば丸棒などを挿して埋めると後処理が楽なのですが、その手ごろなサイズの丸棒がなかったのでやむを得ず。

    結局前照灯パーツはペンチで保持して、最終的には1.1mmのドリルで内径を広げました。
    計算上では0.05mm合わないはずですが・・・
    やってやれないことはない
    導光器は無加工ですが、はまりました。

    試しに車体に装着してみました。
    前照灯レンズの位置が課題
    まずまずといったところ。
    前照灯のレンズ面が奥まっているので、これを何とかしたいところ。




    で、先ほど瞬着で埋めたあの部分は・・・
    まだ柔らかい・・・
    ツライチになるように削りましたが、なんかまだ柔らかい・・・(・ω・)
    完全に硬化してから改めて開口します。
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2010/08/23(月) 21:31:44|
    2. GM・東急8500系→8000系
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<なう… | ホーム | Z軸?みっk(ry...>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/758-e969a0f3
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)