赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    GMの東急8500系から8000系[9]

    屋上機器類を搭載する為の加工を行いました。

    板キットの屋根への加工が中心です。
    罫書く
    中心線を罫書き、クーラーなどの取付け穴を罫書きして・・・
    この辺はそれっぽく・・・
    穴を開けました。
    パンタ周りは配管を留める為の穴なども開けておきます。
    この辺は軽量車の屋根を参考にそれっぽく・・・要するにテキトーです(・ω・)
    パンタやヒューズ箱、避雷器の位置については採寸して揃えていますが、配管については実際に這わせてみてそれから調整します。
    また、キットの配管モールドとの釣合いを取るため、あまり深追いはしません。

    板キットの屋根板にはパンタ台が省略されていますので・・・
    台座がないので・・・
    0.25mm厚のプラ材でそれっぽく再現します。
    プラ材の大きさは軽量車のものをそのままコピーし、装着位置もまた軽量車と同じ場所にしました。
    んで、実際装着すると・・・
    そのままではちょっと・・・
    見て分かるかどうか・・・ですが、屋根の傾きに合わせて台座も傾くわけですから・・・
    上面を削ってみる
    台座の上面を水平になるように削ってみました。

    ヒューズ箱の台座も装着しますが、これは後回しにします。
    というのも、屋根板に一度サフを吹いて磨こうと思っていまして、磨くときに小さな台座が邪魔になりそうな感じがするので・・・(・ω・)

    最後に、屋上に植える手すりの取付け穴を開けたのですが・・・
    いくらなんでもこれはちょっと・・・orz
    これも位置は軽量車の屋根と同じにしたハズでしたが、この有様(・ω・`)
    流石にこのままはちょっと・・・
    やり直し
    ってことで、瞬着で埋めます。

    本日ここまでです。
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2010/06/27(日) 22:07:39|
    2. GM・東急8500系→8000系
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<GMの東急8500系から8000系[10] | ホーム | GMの東急8500系から8000系[8] >>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/739-d96b2451
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)