赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    【MultiPerformance】タミヤ・NISSAN GT-R[9]【Supercar】

    新OSに対するソフトウェア面での調整は現在も続いているのですが・・・
    これ↓は別のディスクに退避させていたデータを元の場所に戻しているところ。
    「いちにち」
    ヒント:残り時間
    この後ちゃんとデータ量相応(?)の時間に戻りました。


    さて模型製作では、塗装の禿げてしまった部分へのタッチアップと、細部への色さしを行いました。
    タッチアップ兼色さし

    タッチアップに関しては、なるべく禿げてしまった場所のみを塗るように心がけました。
    タッチアップした後の状態
    塗るのはわずかな面積ですが、そこをカバーするだけでも印象は大きく変わります。

    色さしについては、「はみ出さないこと」に尽きるのですが・・・
    こちらは色さし
    そうは言ってもなかなか難しいですね・・・(・ω・`)
    ここをきれいに塗れるか否かで、出来栄えが大きく変わると思うのですがね。


    それらの作業が終わったら、今度はデカールの貼り付けです。
    今回は少なめ
    今回は貼り付けるデカールの量はそんなに多くはありません。

    なるべくデカールの余白部分を無くした状態で貼り付けていきますので、場合によってはこんな感じで・・・
    なるべく余白は無くす
    直径3mmにも満たない小さな円を切り出す作業も発生しました。

    最後には、フロントバンパーのガンメタルと黒との塗り分けの上を覆うようなデカールの貼り付けがあり・・・
    結局はデカールで隠れる・・・
    結局この部分の微妙な塗り分けについては、そんなに気にしなくて良かったようです。
    ってかもっと早く気づいていれば・・・。

    モノによっては、金属インレタの上からデカールを貼り重ねるところもありました。
    あとは表面保護
    「R」の部分が該当しますが、この部分だけのデカールを見つめていると、どうしてもJRのマークに見えてきてしまいまうのですが・・・。


    デカール貼り付けの後は、お約束の表面保護を行いますが、それは次回にでも。
    これに失敗すると相当面倒なので、慎重に作業しなくては・・・
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:模型・プラモデル

    1. 2010/02/07(日) 22:29:24|
    2. 【番外】タミヤ・NISSAN GT-R
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<【MultiPerformance】タミヤ・NISSAN GT-R[10]【Supercar】 | ホーム | Windows7>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/680-19ee95f0
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)