赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    【床下だけ】クロスポイント・小田急3000形1次車[6両:8]【完成】

    久しぶりに1次車を弄ります。
    台車とパンタへの色挿しは既に行っていますので、今回は屋根パーツへの色挿しから作業開始です。
    慣れれば1分掛からない
    作業は3次車と平行して行っていまして、屋上配管は筆で、雨樋は烏口で色を乗せていきました。

    で、これで色挿しは終了なので、ステッカーを貼って組み立てて行きます。
    まずは前面標識灯関係から。
    そのまま貼るわけにはいかない・・・
    標識灯自体がステッカーとして再現されているなんて、また大胆なことを考えたものですね(・ω・ )
    これをそのまま車体に貼ると、何とも言えない微妙な感じになるので、一工夫。

    まずはアルミテープを用意します。
    アルミテープを使用

    こいつを幅17mm程度に切り出します。
    手ごろなサイズにカット

    1.0mm程度のプラ材も同じ長さに切り出します。
    プラ棒もカット

    切り出したプラ材を、アルミテープの一辺に沿うように貼り付けます。
    プラ棒をテープに貼り付け

    こいつを前面上部に貼ります。
    なるべくテープに折り目をつけない様に・・・
    この時プラ材を貼り付けた側を下にします。

    後は説明書通りに・・・
    何気にこれが一番難しいw
    表示器ステッカーに行先表示と裏打ち用のステッカーを貼り重ねて・・・
    テープの上から貼る
    アルミテープの上から重ね貼り。
    こうすることで、標識灯部分を少しでも実感的に・・・と思ったのですが、これはあくまでも模型的な表現です。
    実車は後部標識部分はグレーっぽい色(消灯時)をしていますし・・・

    最後に・・・
    油性ペンで
    プラ材は黒の油性ペンで塗っておきました。


    あとはひたすら組み立てるだけです。
    先頭部分のガラスパーツは一部をカットします。
    ここだけ1.3m幅
    ガラスパーツに着色した青色が、完成後にどう映るかが気になります・・・。

    屋根、アンテナ、クーラー、台車、床下機器など装着しまして・・・
    まず1両完成
    まず1両。

    残りも同様に組んでいきますが・・・
    僅かに長い屋根
    このキット、屋根パーツが若干長く、両端を軽くペーパーがけすることで簡単に修正できます。
    どうやら塗幕の厚さだけ屋根が長くなっているらしいです。


    ってことで、無事に6両揃ったところ。
    とりあえず6両揃いましたが・・・
    ただし、まだ完成宣言は出せません。

    理由は↓
    残すはここだけ
    ここだけ仮のカプラーを装着した状態だから。
    グレーで電連付ってのがなかなか見つからないのです・・・。
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2009/12/05(土) 00:13:38|
    2. 【部品待】クロスポイント・小田急3000形1次車(6両編成)
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<@綾瀬車両基地 | ホーム | 【福箱で】被ったGM小田急3000形3次車[8両:13]【重複orz】>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/648-59272c19
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)