赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    【床下だけ】クロスポイント・小田急3000形1次車[6両:7]【完成】

    結論から先に言いますと、今回は非常に運の悪い日でした(´・ω:;.:...


    既に床下が出来ている1次車を先行して完成させようとしていまして、今回は表面保護も含めパーツ類の塗装を行いました。

    先に、動力のウエイトと台車、カプラーにはメタルプライマーを吹きます。
    当然ながらエアブラシでの作業なんですが、今回に限ってプライマーの噴出し具合が良くありません・・・。
    プライマー自体は適当に希釈してあるので、濃すぎることは無いはずなのですが・・・。
    念のためにさらに希釈しても、結果は変わらず。

    プライマーを一旦カップから出して、急遽ブラシの分解洗浄を行いました。
    その時に、つまりの原因が分かりまして・・・
    なんじゃこりゃorz
    ノズルの部分に、茶褐色の物体が溜まっていたのです。
    なんだよ、この前は旅客便所のウ(・∀・)コ掃除で、今度はエアブラシの(ry...
    もちろん普段から使用後の洗浄は行っていますので、これはプライマーが原因か?と、プライマーの容器を見てみると・・・
    これが原因か?
    同じような物体が底に沈殿しています。
    どうやらこれをブラシに流し込んでしまったようです・・・。

    こいつを全て取り除き、改めてプライマーをカップに投入、パーツへの吹き付けを行いました。


    車体にはクレオスのメタルプライマーを吹きますが、量が若干少なく感じましたので、薄め液を多めに入れて誤魔化しましたが・・・、こんなんで良いのだろうか・・・?

    台車とカプラーへも塗装を行うのですが、こちらも使用する塗料の量が少し足らず、薄め液を多めに入れて対処しましたが、やはり薄すぎたのか、塗料の乗りがいまひとつです・・・。


    スカートも塗装するのですが・・・
    まるで蜘蛛の巣
    塗料の希釈が濃かったようです・・・。

    塗料を一旦塗料瓶へと戻し、ブラシを洗浄後、改めて塗料をカップに投入しようと、塗料瓶を持ったところ、なんか冷たい感触が・・・
    カップから瓶へと塗料を戻す時に、気づかぬうちにこぼれていたらしいのです。



    今日は、工具や塗料瓶の蓋などの小物を下に落すなどの不注意があまりにも多く・・・、

    初っ端からブラシが詰まってタイムロスを発生させ・・・、

    さらには塗料の希釈に失敗してやり直し・・・

    こぼした覚えの無い塗料がこぼれていて、不意に手に付いて・・・


    ここでとうとう基地外を起こしまして・・・

    先ほどの塗料瓶を・・・

    こう、机に向かって・・・

    今日ここまでのイライラをぶつけるかの如く、思い切り叩きつけたんですよ。

    そしたらですね・・・、どうらや別の塗料瓶にヒットしたらしく・・・
    あ゛
    割 れ ま し た

    底が抜けてしまってます・・・
    やっちゃった(´・ω:;.:...

    かえって面倒なことになってしまいました(´・ω:;.:...

    ここで急に冷静になったワタクシ、流れ出た塗料を使って・・・
    この際なので・・・
    本来エアブラシで塗装予定だった、ラジオアンテナとヒューズボックスを筆塗りしてしまいました。

    流れ出た塗料の処理は後回しにして、とりあえず塗装するものは一通り塗装を済ませました。
    とりあえず吹くものは吹いた

    「事件」を起こしてから3時間ほどは現場は放置した状態で、流れ出た塗料を乾燥させまして・・・
    とりあえず作業しやすいように塗装ブースとコンプレッサーを片付け、この段階で乾燥しなかった塗料はティッシュで吸い取りました。
    とりあえずこのままで・・・
    今現在はこんな感じです・・・。


    続いて台車、パンタへの色差しを行いました。
    特に空気ばねは目立つ
    特に明るい灰色で塗装された台車では、黒い空気ばねは目立ちます。

    ここで、先に動力を組んでしまおうと思い、対応する床下パーツを探したのですが・・・
    このままでは線路と干渉するので・・・
    床下パーツは全てT車用に組んでいましたので、機器箱を一つずつ分離して、動力本体に貼り付けました。
    動力本体に直付け

    今のところ、これ以上は組立作業は進められないので、今日の作業はここで終了。

    表面保護をした車体の様子を見てみることにしたのですが・・・
    あれぇ・・・
    どうも・・・
    帯が乱れたorz
    成功したとは言えない状態のようです(・ω・`)
    一番気にしていた自作車番の文字には滲みは無く、予想もしなかった帯部分の滲みがちらほら・・・。
    プライマーの量の少なさを誤魔化すために、薄め液を多く入れたのが原因なのでしょう・・・。
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2009/11/16(月) 23:08:19|
    2. 【部品待】クロスポイント・小田急3000形1次車(6両編成)
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<【福箱で】被ったGM小田急3000形3次車[8両:6]【重複orz】 | ホーム | 【床下だけ】クロスポイント・小田急3000形1次車[6両:6]【完成】>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/638-888b0f1c
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)