赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    【おけいはん】放置プレイな車輌達[1-1]【マルーンの疾風】

    早速持ち出してきたのは・・・
    一年近く放置・・・
    京阪3000系、阪急7000系、阪急800系です。いずれもGM製。

    とりあえず、買ったままで放置していた車両を完成させようと思い、最初に手がけることにしたのがこいつらです。

    車体を洗浄&表面保護をする都合で、まずはバラしていきます。
    途中で、動力を観察。
    今回ちょっと細工を・・・
    上にも下にも出っ張ってしまってしまい、中途半端な感じです。
    他社の動力は床下スペースを潰して窓越しに動力が見えないようにされているのですが、こいつは床下スペースを潰しなおかつ室内スペースも一部潰してしまっています・・・。
    まぁ文句ばかり並べたところで改善するわけでもありませんから、このマイナス部分を目立たなくすることを考えます。

    単純に、目立つ部分を黒で塗りつぶすだけですが。

    ってことで、塗装のために床下機器も外しますが・・・
    どうみてもやっぱり・・・
    当初から黒く塗られているこの部分ですが、やっぱり・・・
    マジックで塗った感100%
    油性のマジックで塗りつぶしたようですね。

    動力は、塗料が付着してはマズイ部分を大まかにマスキングしておきます。

    とりあえず、阪急7000系も同様にバラして並べて、この状態。
    こちらもバラす

    続いて阪急8000系も再びバラします。
    8000系も再び・・・
    以前に表面保護をせずに完成させていたのですが、今回表面保護を行おうと決心し、作業に入ります。

    その中で、どうにかしたい部分がありまして・・・
    余分な糊が・・・
    インレタ周りに付着した糊。
    ホコリがくっ付いてかなり目立ってしまっています。
    半ば諦めていた部分でもあるのですが、最近になってエナメル系溶剤でふき取れる」らしいことをネットで発見し、今回ここで挑戦してみることにします。
    ごく少量の溶剤で糊の部分を拭いて・・・
    拭いたら・・・

    キレイになった!
    キレイになった

    勢いでこの部分も・・・
    この部分だって・・・

    糊が消えた(・∀・)
    キレイに

    もちろん8両すべて作業をし、気になっていた部分を一つ消滅させることに成功(`・ω・´)
    喜ばしい限りです。


    続いて車体を洗浄します。
    2両ずつ
    まずは超音波洗浄器で30秒。
    前回7分以上洗浄器で洗浄したら、車体の艶が消えたことがありましたので、今回は控えめです。

    引き上げれば・・・
    洗剤でテカテカの状態
    洗剤分で表面がテカテカな状態。

    さらに車体を指で軽く擦って泡立てた後に流水で洗い流し・・・
    洗って・・・
    とりあえず汚れは落ちたのか?

    車体の側面と妻面はティッシュで水気を拭って・・・
    乾燥
    それ以外は扇風機の風で「半」自然乾燥させました。


    車体が乾燥したら、インレタを貼ります。

    まずは京阪から。
    一番緊張する作業
    これが一番緊張する作業です・・・。

    貼り付けるときですが、こんな風に・・・
    不要部分は保護
    不要な部分は保護紙でカバーした状態で作業を行います。

    あとは狙いを定め、擦って・・・
    擦って
    さらに保護紙を重ねて擦って・・・
    さらに擦って・・・
    転写完了です。

    前面部分は、ガラスパーツが外れるので・・・
    前面も・・・
    その状態で転写しました。

    阪急はメタリックインレタなのですが・・・
    インレタの性質なのか?
    またしてもインレタ周りに糊が・・・。
    インレタの性質なのでしょうか・・・?
    もちろんエナメル溶剤で・・・
    もちろんキレイにしました
    きれいにしておきます。


    もう後は表面保護をするだけまでになりましたが、次回に回します。
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2009/09/30(水) 23:05:54|
    2. 模型全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<【おけいはん】放置プレイな車輌達[1-2]【マルーンの疾風】 | ホーム | 準備完了?>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/606-033b78da
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)