赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    【ダイヤモンドは】クロスポイント・東急7600系を作る[16]【永遠の輝き】

    連勤中につき模型弄りもあまり進んでいません・・・。

    残りも仕上げてしまう
    前回試作した集電化改造台車を量産します。

    中心ピン部分の穴を拡張して・・・
    穴を拡張して・・・
    ボルスタ部分に、集電板を貫通させるための穴を開けます。
    集電板の貫通する穴を開口

    ボルスタ厚の2/3位を目安に溝を掘ります。
    溝を掘る
    こうやって・・・
    棒ヤスリを縦にして溝きり
    棒ヤスリを縦にして溝を切りました。

    続いて集電板を加工します。
    横着してハサミで・・・
    今まではカッターで筋を掘って折り取っていたのですが、時間がかかるのでエッチングハサミでばっさり切り取ってしまいました。
    その後ヤスリで断面を整えておきます。

    とりあえず必要個数の改造は終わりました。
    台車は完成

    床板も加工します。
    腰高の原因となっているリブを切り取ってしまいます。
    車高下げ
    最後に、プラ片を中心ピンに貼り付けて太らせ、台車の穴と直径を合わせました。

    ここまでは、一昨日の作業分です。
    その日は記事にする余力がなかったので・・・(・ω・`)

    今度は動力を搭載するための加工を行います。
    鉄コレ用18m級動力
    例によって鉄コレ用18m級動力を使用します。

    まずは車体の幅と動力の幅を測り、差を計算しましたら1.2mmでした。
    今回は片側0.6mmずつ車体内側を太らせれば良いということですね。

    ここでガラスパーツに注目します。
    パーツの下に四角い突起が2ヶ所ありますが、これをそのままスペーサーとして転用できないかを考えました。
    ところがガラスパーツの厚さは0.75mmでしたので、スペーサーとして使用するには若干肉厚です。
    つまりは使用できませんからこの突起は切断してしまいます。

    続いて高さを決めます。
    動力側面と、ガラスパーツを車体に装着したとき、車体裾からガラスパーツ下辺までの高さがほぼ同じでした。
    通常であればそれで高さは決まるのですが・・・
    そのままでは車高が合わない
    動力以外の車輌は車高下げを行ったので、約1.0mm高さが狂ってしまっています。

    ならば・・・
    罫書いて・・・
    ガラスパーツ自体を1.0mm切り詰めてしまいます。
    カットして・・・
    切り取った棒状の断片も残しておきましょう。

    こうすることで・・・
    これでよし
    高さはそろいました。

    ただし、そのままではガラスパーツと動力とではごく僅かに引っかかってるだけなので、高さ決めリブとしては頼りないので・・・
    リサイクルw
    先ほど切断したガラスパーツの断片を、パーツの下辺に合わせて接着しました。
    これで・・・
    我ながらナイスアイディアだったり
    よりリブらしく、確実に車高が決まります。

    今度はt=0.5mmのプラ帯を手ごろなサイズに切り出しまして・・・
    厚さは0.5mm
    車体内側に貼ります。
    車体内側に貼る
    計算上0.6mmのプラ板が望ましいですが、実際は0.5mmで問題ありませんでした。

    動力抜け落ち防止のためのツメも接着します。
    固定用のツメも貼る

    これで、動力の組み込みは完了です。
    組み込み完了

    並べたところ・・・
    一両だけ高さが・・・
    一両だけ高さが狂ってます・・・。
    なんとなく原因は分かっているので、後日修正します。
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2009/08/05(水) 01:00:06|
    2. クロスポイント・東急7600系
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<京急銀千形 | ホーム | 【ダイヤモンドは】クロスポイント・東急7600系を作る[15]【永遠の輝き】 >>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/569-78c01616
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)