赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    雨の降る中・・・

    雨の降っているのにも関わらず、撮影に出かけてきました。
    場所は、最近お気に入りの溝の口駅です。

    08系が1番線を発車しましたが・・・
    実は停車している状態
    ちょうどこの辺りで停車してしまってます。

    ふと1番線側を見れば・・・
    超接近状態
    後続の列車がすでに到着して、開扉した状態です。

    雨の降っている状態ではありますが・・・
    @溝の口
    撮影状態はまずまずです。

    大井町線内最大勢力の8090系が通過していきます。
    大井町線の主とも言える存在


    さて、何故に雨の中わざわざ撮りに行ったのかというと・・・
    本日の主役
    デヤーーーーー(゚∀゚)ーーーーー!!

    総合検測車
    文字通り、通称「派手車」ことデヤ7200系です。

    通称「派手車」
    種車は7200系アルミ試作車です。

    かつてのこどもの国線専用車
    事業用車に改造される前は、こどもの国線専用車でした。

    デヤ7200+サヤ7590+デヤ7290
    速すぎず遅すぎずの速度で3番線に進入します。

    サヤ7590は3台車
    後追い。

    検測用パンタも上昇中
    屋上のサーチライトが架線を照らしている様子が分かります。

    停車
    停車しました。
    この後すぐに、二子玉川方面へ向けて発車しました。
    一旦大岡山まで走行し、そこで折り返してきますので、今度はホームの渋谷方先頭に移動し、戻ってくるのを待ちました。

    その間も撮影は続けます。
    回送
    大井町線用の8500系。
    先頭部アップ
    8500系といえば切妻の前面が特徴です。
    田都の8500系も然り。
    こちらは田都の8500系

    一方、最新の6000系はというと・・・
    第一印象は「赤いサメ」
    ものすごい傾斜の付いた前面形状です。

    5000系もやってきました。
    唯一のオール4ドア車
    6月24日現在で、唯一のオール4ドア車である5101Fです。
    先頭アップ
    切妻でもない流線でもないどっち付かずです。

    気づけば乗り入れ対応が3編成までに減ってしまった東武30000系。
    端整なスタイル

    このくらいが一番いい
    左右対称貫通型、これ、ワタクシ好みのスタイルです。


    時間にして約30分、デヤが戻ってきました。
    2番線走行中

    まもなく溝の口

    駅構内へ

    後追い

    ここで一旦停車
    すぐに発車し、一旦梶が谷へ向かいまして、そこで折り返し、再び戻ってきます。
    ここからが一番の見せ場でしょうか?デヤ7200系による入れ換えショウの始まりです。

    まずは梶が谷方から6番線に進入し・・・
    戻ってきました
    速度を抑えて・・・
    速度を抑えて・・・
    2番線に転線。
    転線
    そのまま駅構内へ。
    2番線に到着

    続いて、2番線から・・・
    発車
    両渡りを直進して・・・
    5番線へ
    5番線へ。
    脇を50050系が通過
    脇を50050系が通過しています。

    再び動き出し・・・
    続いて5番から・・・
    3番線に転線。巧い事に5000系と並びました。
    5101Fと並んで・・・
    そのまま構内へ。
    3番線に
    すぐに渋谷方に移動し、停車中のところを一枚。
    停車中
    5分ほど止まっていたので、切妻側の前面やらパンタやらを撮りましたが、今回は割愛。

    そのまま3番線を走行して・・・
    3番線を走行して・・・
    高津駅直前にある片渡りで4番線に転線。
    4番線に転線
    再び大岡山を目指します。
    以上で、入れ換えショウは終了です。

    当然折り返しを狙いますが、その間も撮影は続けます。
    この頃には、雨は殆ど降っていない状態でした。
    メトロ8000系
    なんとなく「ハズレ感」を感じる車輌・・・。
    斜めにスパッと切った感じ
    別に「劣っている」とか、そういう事ではないのですけど・・・(・ω・ )

    6ドア3両化
    先ほどの5101Fとは対照的に、6ドア車を3両も組んだ5109F。
    ここだけキレイ
    そういえば以前梶が谷でお会いしましたね。

    東武30000系とは対照的に、すっきりとしたデザインと明るい配色が特徴の東武50050系。
    シンプルなデザインが特徴

    前回と同じく30分ほどで戻ってきました。
    戻ってきた
    2番線に転線し・・・
    2番線へ転線
    進行してきます。
    近い将来田都と大井の並びが期待されます
    7月11日以降は、田都と大井との並びが期待されます。
    正に、東横・目黒線「多摩川駅」の田都・大井バージョンです。

    特徴的な前面をアップで。
    ダイヤモンドカットの前面
    通称「ダイヤモンドカット」・・・ってかこの角度では殆ど分からないですね(・ω・`)

    そのまま5番線まで進行し、一旦停車。
    長津田へ
    脇を8637Fが通過しています。

    その後、デヤは一路長津田へ向かって去っていきました・・・。

    最初にデヤが現れたのが11:20頃、去っていったのが13:20前でしたので、時間にして約2時間駅にいたことになりますね。

    これで今回の撮影行程はすべて終わりましたので、後を追うように後続の各停で帰りました。
    このとき2002Fに当たったのですが、残念なことに長津田でメトロ車に車交を食らいました(´・ω:;.:...
    まぁ、該当は57運行(通常メトロ車で運用)でしたので、いずれ車交をしなくてはいけないことは分かってはいたのですが・・・。
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道

    1. 2009/06/25(木) 02:17:53|
    2. 鉄道全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<【迷車】GM+鉄コレで東急7700系7915Fをこしらえる[18]【珍車】 | ホーム | 【迷車】GM+鉄コレで東急7700系7915Fをこしらえる[17]【珍車】>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/550-51756f09
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)