赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    【迷車】GM+鉄コレで東急7700系7915Fをこしらえる[10]【珍車】

    前回やり残していた、ランボードの余分なパテを除去する作業を行いました。
    パテ除去完了
    ランボード自体は、2種類のプラ材を並べて接着したものですので、その接合面で段差ができているところがありました。
    なので、液体サフを塗って・・・
    塗って・・・
    ペーパーで均して・・・
    均して・・・
    同時に、見えにくかった凹みも発見しやすくなりまして・・・
    凹み発見
    こういう凹みも修正しておきました。


    さて、ここからしばらくは漠然と作業をしていました・・・。
    というか、次にどこを弄ればいいのかを決められず、かといって7600系を進めるにしてもどうもやる気が起きない・・・。

    とりあえず標識灯枠を持ち出してきまして・・・
    標識灯枠
    思い出したかのように持ち出してきた、ライトユニットDにはめてみる。
    ライトユニットD登場
    現行の1000系・9000系キットはこの状態で車体にはめ込むようですね。

    とりあえず車体にはめてみるのですが・・・
    おや・・・?
    入りません。当たり前ですが。

    が、ここで気づく。

    鉄コレ7000系の車体裏側は、車端部分のみ内側の幅が大きく、その部分にライトユニットの本体部分はぴったりと収まっているのです。
    入らないのは、ライトユニットの裏蓋のみ・・・。

    で、完全に収めるべく、車体とライトユニットを加工しまして・・・
    入った
    入ってしまいました。
    試作
    これはいける・・・(・ω・´)

    その瞬間から一瞬目覚めたようでして、勢いのあるうちにもう一両分作業してしまいます。

    まずは、車体内側を削り、ライトユニットをはめ込みやすくしておきます。
    削れ削れ

    標識灯枠パーツの両端を切り落とします。
    カット
    裏側は斜めに削り落としておきました。
    良く考えれば不要な作業・・・
    しかしこの削る作業、良く考えれば必要ないかもです・・・。

    このパーツは、ここでは先に車体にはめ込みますが、そのはめ込みがかなりキツイ」ので・・・
    ちょっとだけ削る
    ヤスリで僅かに取り付け穴を削って挿入しやすくしました。

    ライトユニット本体も加工します。
    こんな感じで
    7000系特有の屋根の低さに合わせて、ユニットの上部を切り詰めます。
    目安としては、中の基盤と同じ高さくらいです。
    ユニット裏蓋の上部と側面も切り落とし、本体のサイズに合わせます。
    この加工の弊害として、基盤と裏蓋の保持力がかなり低下しますので・・・
    補強も兼ねる
    ゴム系接着剤で接着補強しました。

    標識灯枠、ライトユニットの順に車体にはめ込みます。
    ぴったり収まればよし

    少しずつ「異様さ」を感じるようになりませんか・・・?
    (・∀・)
    というわけで、ライト点灯化工事と相成りました。
    あとは床板と台車をなんとかすれば・・・
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2009/05/15(金) 22:59:59|
    2. GM+鉄コレ・東急7700系7915F
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<寄り道 | ホーム | 【迷車】GM+鉄コレで東急7700系7915Fをこしらえる[9]【珍車】>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/531-67918831
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)