赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    【気楽に作る】GM・小田急1000形を気楽に作る[4両:8]【青帯電車】

    弄れるところだどんどん弄っていきます。

    何かと物足りない1000形の前面・・・
    物足りないので・・・
    これ、標識灯も車体と同色で塗装されているので、いまひとつメリハリに欠けます。
    そこで・・・
    それでも何かが・・・
    前照灯部分にはガイアのスターブライトシルバーを、尾灯部分にはGMのダークグレーを差してみました。

    ライトケースにも色を差します。
    使った色は、最近発売されたガイアのライトステンレスシルバーです。
    今回はポイントで使用
    これを、面相筆で慎重に塗りました。
    万一はみ出したら修正が大変ですので・・・
    だいぶよくなってきた
    右側がライトケース塗装後の状態です。
    キットのままではライトケースにも青が被ってしまっているので、それを誤魔化した、というわけです。
    この後、ライトケースの底面を、GMのねずみ色1号で墨入れして、ケース内を落ち着かせてみました。
    同時に車端にモールドされている貫通幌などにも色を差しました。

    本当は標識灯は点灯化させたいところ・・・
    ここまで作業して、一旦昼寝(-ω-)


    この後21時までワープし、なんだかんだで22:30頃に作業を再開しました。

    今度は、窓にガラスを貼ります。
    GM板キットでお馴染みの、細長い透明プラ帯を・・・
    これは戸袋窓用
    必要なサイズに切断します。
    足りなかったorz
    これは戸袋窓用なので青く着色してあります。
    これで2両分です。後2両分足りなかったです・・・。

    車体への接着には、ゴム系接着剤を使用しますが、そのままでは粘度が高すぎて上手く塗布できないことが予想されましたので・・・
    これで解決
    塗料皿に接着剤を出し、エナメル系溶剤で溶いて使用すことにしました。

    これを接着部位に置いて・・・
    これは付けすぎ
    切り出しておいたプラ帯を載せて・・・
    補強も兼ねる
    さらに接着剤を塗布して固めます。

    無事にガラスが入りました。
    ちょっとオーバーだったか・・・?
    戸袋窓の青いガラスは小田急車の特徴の一つです。
    ちょっと青がキツかったですね・・・。

    ちなみに、3000形ははめ込み式ですので、もっと簡単にガラスを装着できます。
    参考として・・・
    こちらは、クリヤーブルーとクリヤーグリーンを混ぜたもので着色しています。



    さて、このブログも今日で3年目に突入です。
    同時に、ワタクシも入社3年目、運転免許も3年目。
    これからも宜しくおねがいします。
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2009/04/01(水) 00:30:13|
    2. GM・小田急1000形(4両編成)
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<【気長に作る】GM・小田急3000形を気楽に作る[6両:21]【青帯電車】 | ホーム | 【気長に作る】GM・小田急3000形を気楽に作る[6両:20]【青帯電車】>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/511-df1291e2
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)