赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    気楽に作れなくなっている件について

    本当に気楽に作業できていれば、すでに完成していてもおかしくない小田急3000形6両ですが・・・
    今、これ↓がどうしても腑に落ちないために作業が止まってしまっています。
    抵抗器「のようなもの」が・・・
    背景の画像は、スリットカメラ鉄道写真館様で公開されているものです。

    あのー・・・、このパーツ、ワタクシには左から「主抵抗器」と「インバーター装置」が並んでいるようにしか見えないです・・・。
    ただ、これについては機器の並べ替えを行うことで、「抵抗器」をインバーター機器っぽく見せかけようと考えています。

    それともう一つ、エアタンクをどう再現するかが一番のネックだったりします。
    全ての車両に漏れなく搭載されているうえに、意外と目立つので再現しないわけにはいかないなぁ・・・と思うのです。
    大きさも、手持ちのストックの中ではちょうどいいものが無く、再びGMストアに買出しに行かなくてはいけないようです。
    この際なので、売られている全種類の床下機器を買ってきて標本を作ってみようかなとも考えています。

    機器類の色ですが、どうやらスカートと同じ色でも問題ないみたいです。
    ワタクシは、落成直後や全検後のきれいな状態を再現するのが好みなのですが(だからパンタグラフもピカピカの銀色に塗装している)、前回の箱絵の写真の塗り分け(スカートを明るいグレー、機器類を暗いグレー)も捨て難いなぁ・・・と思っています。




    で、とりあえず塗料を買いにいかないと先には進めないので、買出しに行きました。
    運転免許を取得してからは専ら車で模型屋へと向かうのですが・・・
    火山灰
    浅間山の灰が飛んできていました。


    目的はGMカラーのNo.9でしたが・・・、売り切れorz
    また、機器類の「暗いグレー」を再現するために、この色も買ってみました。
    ピンときた色
    使うかどうかは分かりませんが・・・、念のため。


    要は、床下機器の配置と色さえ決まれば完成に大きく近づくのですよ(´・ω・`)



    で、塗料だけを買ってきたと思ったら・・・

    江ノ電20形
    江ノ電20形

    更には・・・
    E531系基本編成
    E531系

    もちろん・・・
    10両フル
    10両フルです。
    付属の5両編成は既に手元にありますので、これで念願の15両編成を再現できます。



    この後製作予定の小田急1000形のためにパンタも買ってきました。
    ちょうど、カトー、トミックス、グリーンマックスの3社のモデルが手元にありましたので、比較してみました。
    とりあえず並べてみた

    向きをそろえてみます。
    奥から、カトー、GM、トミックス

    横から

    後ろよりから

    一番奥のカトーのパンタはPS37、中央のGM、手前のトミックスはPT71です。

    パンタ台座については、そんなに気にしないので割愛w

    上昇時の姿勢は・・・やはりGMが一番不自然です・・・。
    イメージ的には「>」というよりも「フ」に近いですね。
    上枠と下枠とを繋ぐ間接部分の大きさは、カトーが一番スマートに感じます。
    その次にトミックス、GMと続きますね。
    GMのパンタは、間接部分と上枠とを結ぶ角度が、他の2社に比べて大きいです。
    もしかしたら、これが上昇時の姿勢を崩している原因かもです。

    すり板部分を見てみます。
    すり板の厚さは、トミックスが一番薄く、次にカトー、GMと並びます。
    幅に関しては、カトーが実感的で、トミックスはオーバーな感じです。
    GMのは細めです。

    参考までにどうぞ・・・

    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2009/02/05(木) 00:29:38|
    2. 模型全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<【気楽に作る】GM・小田急1000形を気楽に作る[4両:1]【青帯電車】 | ホーム | 【気楽に作る】GM・小田急3000形を気楽に作る[6両:3]【青帯電車】>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/479-aff16d54
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)