赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    【突発企画】去年中にGMキハ22形を完成させるはずだった・・・[4:2/2両完成]【間に合わずorz】  

    ヘッドライトパーツを紛失し、作業が止まっていたキハ22ですが、パーツの調達ができましたので残りの1両も完成させました。

    作業自体は前回とほぼ同じなので、詳細は省略していきます。

    ここからスタート
    ここからスタートします。

    ヘッドライトパーツに穴を開けます。
    開口
    この後塗装をして、銀河モデルのシールドビームレンズをはめ込みます。

    動力も前回と同じく・・・
    この出っ張り、正直不要だと思う・・・
    鉄コレ20m級動力を使用しますので、中央の大きな出っ張りを除去して・・・
    モーターの逃げのみ残して埋め立て
    余計な開口部を埋め立てます。

    モーターは・・・
    微妙なはんだ付け
    集電板をモーター端子に直接はんだ付けします。

    モーターは、前回と同じく床板に瞬間接着剤で直接固定します。

    床下機器を取り付けます。
    今までは、機器を一つずつ切り離して接着していましたが、今回は東武7820系で好結果を残した、機器台座を薄く残して切断する方法を採りました。

    7820系ではレザーソーを使用しましたが、今回はタミヤのクラフトのこを使用してみました。
    あらら・・・
    一部ばらばらになってしまいました・・・(・∀・;)

    とりあえず動力に接着してみました。
    あまり変わらない
    前作と比べてもあまり変化はありません。

    反対側も、台座を薄く残して切断し・・・
    それでも千切れてしまう・・・
    動力に接着しました。

    クラフトのこは、切り口がささくれになりやすいように感じます。
    持ちやすいし、スムーズに歯を動かせますけど・・・


    ここからは、前回にはなかった新しい作業です。
    もともと動力の出っ張りに収まっていたウエイトを、車体の屋根に取り付けます。

    まずは、1.2mmのドリルを用意します。
    リューターに装着して効率アップ

    で、「車体側の屋根」にドリルを連打します。
    間違っても屋根まで開口させないこと

    開けた穴同士をニッパーで切断します。
    肉抜きと同じ要領
    長方形状に車体側の屋根を切り取った形です。

    こうすることで、屋根にウエイトを接着するスペースを作ったわけです。
    断面はそのままw

    あとは、屋根にゴム系接着剤でウエイトを貼るだけです。
    どうせ外からは見えないので・・・

    これで、窓からウエイトが見えなくなるはずです。


    側面ガラスをはめて、プラ帯を接着します。
    プラ帯は以前に作ったものをしよう

    ひとまず組みあがりました。
    702号

    ウエイトの見え方の違いはというと・・・
    ・加工をした702号
    いい感じ

    ・未加工の706号
    動力側のウエイトも気になりますが・・・

    これだけ違いが出ました。


    最後にステッカーを貼り、完成です。

    ・キハ22形700番台
    702号

    ・先に完成していた706号と
    違いは雨どい下の緑帯の有無

    ・連結部分
    ヘッドライトレンズが飛び出していますが・・・
    実際に702と706が連結されたかどうかは不明ですが・・・




    これで・・・、中途半端になっていたものが解消され、スッキリしました。

    次回は気休め程度にキットを組んでみようかな・・・
    そのキットは、買って2年近く放置しているので・・・
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2009/01/26(月) 23:39:05|
    2. GM・国鉄キハ22形700番台
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<【気楽に作る】GM・小田急3000形を気楽に作る[6両:1]【青帯電車】 | ホーム | パーツ購入>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/474-a223a10a
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)