赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    いい方法だと思ったが・・・

    そういえば、以前購入した東急300系ですが、まだ屋上機器の取り付け・ステッカー貼りを終えていませんでした。
    というのも、行先表示器の再現に悩んでいまして、最近になって良い方法が思いついたからです。

    前面ガラスの上からベタッと貼るのでは芸がないし、裏側から取り付けると、表示を変えるのが大変だし・・・。


    今回は、前面ガラス越しに表示が見えるように、且つ、表示の交換が利くようにすることを目標に作業をしました。

    表示部をどうするかで悩みましたが、板磁石を使用することで、解決されました。
    まずは、板磁石をボディ内側に固定して
    囲みの中にあるのが板磁石

    表示部を板磁石に貼って
    今回は3種類

    あとはボディに取り付けた板磁石に、磁力でくっつけるだけです。

    ただし・・・、この板磁石が曲者で、幅2mm前後の大きさでは極性が整わないこともありました・・・。
    ということなので、実際には磁力+はめ込み抵抗で表示部を支えていることになります。

    最後に、残りのステッカーと屋上機器を取り付けて完成。
    この角度では、表示器は殆ど見えないのです・・・。

    しかし・・・、表示部は、ちょうど車体の角と角を結んだライン上にある関係で、だいぶ奥に取り付けられていて、表示部が暗く、さらに正面からではないと、表示部を見ることが出来ないのです(´・ω・`)

    また違った方法が見つかれば、再び弄るつもりです。

    あと、いい加減に写真の取り方を何とかしないと・・・
    ていうか、2・3年前にベッドから床に落としてしまったせいか、マクロ以外ではピンとが合わず、特にズームをかけるとそれが顕著に現れてしまう・・・。
    本当は、遠くからズームで撮ればいいはずですが、こんな状態のコンデジでは結果は目に見えている・・・。
    かといって、デジ一で撮るのもめんどくさいし(ry...
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2007/06/18(月) 21:43:28|
    2. 模型全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<THE 鉄模・スパイラル Part1 【塗装編】 | ホーム | 久しぶりに弄る>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/45-7332c1c6
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)