赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    【3番目の】鉄コレ東急7000系向け・GM動力の加工[8]【パイオニア】  

    伊豆急の8000系に刺激され、早くこいつを幸せにしてあげなくてはと思いつつ・・・
    今年中には・・・
    また新しく「伊豆急8000系」を作りたい・・・と、構想が広がっています・・・。
    出来れば、標準カラー2編成(後付パンタの有無or後付運転台かで分ける予定)と、トラン・バガテルカラー1編成の、合計3編成を再現できれば・・・と思っていますが、果たしてそんなこと可能なのでしょう・・・?


    少しでも早く8000系に手が出せるよう、7000系の動力改造を続けます。

    銀河モデルのブレーキディスクは、本来車軸に貫通させる使い方なのですが、今回の場合は、車軸の一番端に取り付けるような状態となります。
    当然、ディスク中心部は空洞となっているので、それを埋めてしまいます。
    ただ埋めるだけでは芸がないので・・・
    今度は成功
    鉄コレ付属の台車から、ディスク中心部のモールドをコピーしてきます。
    ここでは、マスキングゾルを分厚く盛ったものを使用しています。

    ディスクの中心部には、光硬化パテを充填して、上から蓋をかぶせるようにそれを置きます。
    はみ出しても気にしない
    この状態で、蛍光灯の直下に2分ほど放置します。
    硬化しても光を通すマスキングゾルを使用したからこそ光硬化パテが使えて、作業時間も超短縮されます。

    ゾルを取り、はみ出たパテを除去すると・・・
    細かい個所は見なかったことにw
    これだけでも雰囲気に差が出ててます。

    台車モールドと併せてみると・・・
    白い台車、黄色いディスク中心部・・・
    色がすごいことになっていますが・・・、完成が待ち遠しいです。


    んで、この7000系には製作期限があります。
    期限は、平成20年11月18日迄です。
    本番は20日なのですが、勤務の関係上、2日分前倒しとなります。
    さて、間に合うだろうか・・・(´・ω・`)
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2008/11/11(火) 00:20:29|
    2. 鉄コレ・東急7000系(こどもの国線仕様)
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<【3番目の】鉄コレ東急7000系向け・GM動力の加工[9]【パイオニア】 | ホーム | 8000系、再会>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/432-6c237496
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)