赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    思考中・・・

    GM動力の改造について。

    実は・・・、旧動力を改造するか、新動力を加工するか、考えがまとまっていません・・・。
    旧動力では「高さ」が、新動力は「幅」が原因で、そのままでは車体をかぶせることが出来ない故。
    旧動力を改造して「高さ」を抑えるか、新動力を加工して「幅」を狭くするか、の二択なのですが・・・。

    旧動力を改造すれば、記事のネタにもなるが、この場合改造後の確実な動作が期待できない。
    方法としては、ど真ん中に陣取るモーターを外し、ウォームギヤの軸に直接小型モーターを接続する。
    当然、モーターは2つ必要である。
    モーターは、高さ調整用のプラ板を介して、ゴム系接着剤で固定。
    で、問題はモーターへの配線。
    適当なビニール線を半田付けすればそれで済むことだが、これではメンテナンス性に欠ける。
    だからといって、カトーの小型車両用動力ユニットのように、モーターと銅板は互いに接触させるだけというのも不安が残る。
    GMの新動力を見れば、モーターと銅板はガイドなどを介して確実に接触するように出来ている。
    また、この改造を行うと、従来のダイキャストは使用できなくなる。
    だが、このダイキャストは錘も兼ねているので、できれば温存したい。
    現在のところ、真鍮の細い角材を口の字状に床板に接着することで、ダイキャストの代わりとすることを予定。

    これだけ弄るのであれば、新動力のダイキャストの一部を削っていったほうが単純明快。
    しかし、作業自体は簡単だが、極めて単調な作業であることは確か。時間も掛かる(?)。
    そこで、ダイキャストを「削る」のではなくて「切断」出来ないかを考えている。
    もっとも、レザーソウでじわじわと切断できれば・・・、と思ってはいるが、こればっかりは実践してみないと分からないし、レザーソウで金属が切断できるかも分からない。
    というか、狭める寸法が0.何mmの世界なのですが(正確に測っていないので、具体的な数値は不明)、削るには大きく、切断するには狭い、といったサイズであることは確か。
    ただし、駆動装置そのものはノータッチなので、加工後も動作が保証させる。


    つまり、一長一短な訳で、どちらにせよ大掛かりな作業であることには変わりありません。
    ただ・・・、最終的な「見た目」では新動力を加工したほうが優れていることは確かです。


    とりあえず、頭の中で考えているだけではどうにもなることじゃないので、一旦書き出してみたという状態です。


    ●このブログを見ているSS各位氏へ業務連絡
    GMのビデオケース型車輌ケースが余っているという方、居ましたら連絡ください(・ω・)
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2008/10/24(金) 22:19:43|
    2. 鉄コレ・東急7000系(こどもの国線仕様)
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<さらに思考中・・・ | ホーム | 鉄道コレクション・えちぜん鉄道MC6001形・MC6101形の動力化>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/422-9094d7bd
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)