赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    【たのしいえんそく】鉄道コレクション・東急7000系を改装する[3]【鬱なマラソン大会】

    再塗装から、泊まり勤務を一回挟んでいるので、上塗りした塗料は完全に乾燥していました。
    仕上がり良好
    自分で言うのもアレですが・・・、キレイに塗装できました。
    滑らかな表面
    表面も、いい感じに平滑です。

    で、実車写真を見る限り、窓枠は白っぽく見えるのですが・・・
    窓枠までステンレス色に
    このように、窓枠までもがステンレス色になってしまっています。
    この色合いの差は目立つので、窓枠には「白っぽく光る」銀を差します。
    今回は全て筆塗り
    光の加減でちょっと分かりにくくなっていますが、該当箇所にはタミヤのクロームシルバーを使用しました。
    もちろんエナメル系です。

    その勢いで、車体前面にも色を差していきます。
    前照灯と尾灯の台座(?)部分は、タミヤのニュートラルグレー(アクリル系)を差します。
    向かって左側が色を差した状態
    向かって左側が、色を差した後の状態です。
    画像では分かりにくいですね・・・。

    前照灯のライトケースは、ガイアカラーのスターブライトシルバーを、メタリックマスターで薄めたものを差しました。
    さらに、レンズ部分には(あまり意味がないと分かっていながら)タミヤのクリヤー(アクリル)を差しました。
    分かります・・・?
    差す・・・というよりかは、塗料の雫を乗せる感じですが・・・。
    乗せた直後はレンズ状に盛り上がっていますが、乾燥すると盛り上がりは消えてしまいます・・・。

    種別灯のレンズ部分には、タミヤのスモーク(アクリル)を乗せましたが・・・、これはちょっと失敗だったようです。黒くなりすぎてしまいました・・・。

    尾灯のレンズ部分には、タミヤのクリヤーレッドとブラック(どちらもアクリル)を混ぜたものを乗せました。

    行先表示器のHゴム部分は、タミヤのフラットブラック(エナメル)を差し、表示器本体部分は、クレオスのベースホワイトを差しました。

    色差し後の前面はこんな感じになりました。
    大きな乱れも無く・・・
    種別灯と尾灯の色合いが殆ど同じになってしまいました・・・。
    種別灯はもっと白っぽく、尾灯はもっと赤っぽくする必要があります。

    その二点の修正を加えた後、今回の改装の本命でもあるデカール貼りです。


    話は多少前後しますが・・・
    車体と窓枠の色との違いが分かると思います
    同じ「銀」でも、車体と窓枠とでは色味が異なります。
    実車写真を見る限りでも、こんな感じでした。
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2008/10/09(木) 00:10:54|
    2. 鉄コレ・東急7000系(こどもの国線仕様)
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<【たのしいえんそく】鉄道コレクション・東急7000系を改装する[4]【鬱なマラソン大会】 | ホーム | 【たのしいえんそく】鉄道コレクション・東急7000系を改装する[2]【鬱なマラソン大会】>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/286-e9db6b5a
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)