赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    【下請けの】クロスポイント・東京メトロ5000系の製作[2]【下請け】  

    今日はここからスタートです。
    塗装待ち
    中性洗剤と歯ブラシで、車体・屋根・クーラーを洗浄し、乾燥させます。
    除湿機の温風を・・・
    除湿機背面より吹き出ている温風を当てて、乾燥させます。
    ・・・といっても、まぁ気休め程度です。最終的にはティッシュで水滴を吸い取りました。

    さて、持ち手をつける場所すら無い小パーツ類ですが・・・
    とにかく小さい
    そこら辺にあったプラ辺に穴を開け、小パーツの「脚」を差し込むことで対処しました。
    簡易持ち手


    最近は夕方になると、突然激しい雷雨が降ってくる傾向があります・・・。
    交通機関をもダメにする、最近流行の「ゲリラ豪雨」のことすね・・・。
    なので、「ゲリラ集団」のやって来ない時間帯に、さっさとサフ吹きを完了させました。(13:30頃~)
    持ち手には割り箸などを使用
    タミヤの「ファインサーフェイサー」を使用しましたが、缶スプレーで滑らかな塗装面を出すのは難しいです(´・ω・`)
    今回も例外なく・・・
    例外なく・・・
    微妙に梨地になりましたとさ・・・

    気にせず続けますw

    パンタグラフは、プラと金属の質感差を無くすために塗装しますので、あらかじめマッハのシールプライマーを吹き付けます。
    微妙な黄色が特徴的


    いよいよ塗装に入ります。
    ●車体
    夕日を反射させてみる
    クレオス:スーパーステンレスを使用。
    ここでは、塗装面を夕日に当ててみましたが、実際はこのような↓色合いです。
    急に見た目が重くなった気が・・・?

    ●パンタグラフ
    とりあえず「軽さ」は感じなくなった
    クレオス:スーパーファインシルバーを使用。
    意外といい感じの輝きです。

    ●クーラー
    質感としては良しか?
    ガイアカラー:ブライトシルバー+メタリックマスターを使用。
    この頃(17:00頃)外は、例の「ゲリラ」が通過中・・・

    以上3つは、同じ「銀」でも異なる色合いを持つものを使用しました。
    いずれも「金属質の銀色」を目指して塗装を行いました。

    ●屋根
    ちょっとつぶつぶ感を出しすぎた模様
    GMキット定番のグレーです。
    ちょっと梨地を強調しすぎました・・・。


    塗装したパーツを仮組してみます。
    帯の塗装はこれから
    色味の異なる銀を並べてみましたが・・・、画像ではちょっと分かりにくいですね・・・。

    本当なら、帯を先に塗装して、最後に銀を塗るのが一般的なのでしょうけど・・・。
    銀色の下地に未知の色を使いたくなかったのです。
    また、塗装とはいえ帯が基本色よりも窪んだ位置にあるのがどうしても納得できないのです。
    なんという神経質な要求なのでしょうw



    メトロ5000は、塗装が完全に乾燥するまで触れないので、ちょっとだけ8017Fを弄ります。

    実は、こんなものを見つけてきまして・・・
    本当は0.3mm辺りが欲しかった
    φ=0.5mmのプラ棒です。
    こいつ↓の代わりになれば・・・と思った次第なのです。
    これはさすがに放っておけなかった・・・

    そこで、このモールドのようなものをそぎ落とし、ペーパーで処理後、このプラ棒を接着してみました。
    太いのは仕方ないけど・・・
    やっぱり太めなのが気になりますが、形は揃っているので、こちらのほうが見栄えは良いです。



    ●JR・E233系1000番台
    E233系1000番台
    京浜東北線仕様です。
    こいつの投入で、ワタクシより若い209系の一部が既に散っています・・・。
    正に「走るんです」状態・・・。
    今はまだ新車なこの電車も、十数年後には209系と同じ運命を辿るのでしょうか・・・?
    ・・・ところで、高価そうなインバーター装置はどうなってしまったのでしょう?ちょっと気になるところです(・ω・`)

    先頭部アップ
    先頭部アップ

    銀の質感差の再現も・・・
    側面腰部の、銀の質感差の再現も文句なしです。

    予備パンタ付き
    パンタは銀色に塗装するべきか否か・・・迷います。

    ●まとめ
    全体としては好印象でした。
    一ヶ所だけ、パンタの集電舟(?)が外れていて、ケースの中に転がっていましたが、それ以外気になったところは、今のところありません。
    塗装のズレやカスレ・ヨゴレ等も無かったです。

    行き先表示器には[快速|京浜東北線]と印刷済みでしたが、これに関しては従来どおりのステッカータイプか、321系などで採用されているブロックタイプが良かったかなと思いました。

    動力ですが、今回はちょっと微妙な感じです。(店頭での試走はしていない)
    まぁ、これから調整していきます。
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2008/09/08(月) 00:48:56|
    2. クロスポイント・東京メトロ5000系
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<【下請けの】クロスポイント・東京メトロ5000系の製作[3]【下請け】 | ホーム | ランボードの手直し>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/269-4ed08327
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)