赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    屋根上の見かけに変化を・・・

    最後のとなる型が固まりました。
    まるで合格発表前の緊張状態・・・
    枠となっていた「型取りブロック」を外します。
    あとは開封するのみ
    上下の型を分離します。
    境界面に「ワックス」を塗っているので、強めに千切るように力を入れると、簡単に剥がれます。
    開封するまで中の状況は不明です。気分は合格発表待ちの受験生(?)です。

    さて結果は・・・
    マジで・・・
    え・・・
    曲者の一つ
    マヂで・・・orz
    この二つの型はやり直し決定です。
    今度は、さらに気泡に注意をしてゴムを流しました。
    今は、二次試験合格発表待ちな気分です。あんまり気持ちのいいものではないです(´・ω・`)

    さ、そろそろ屋根上の作業にも入ります。
    まずは、ランボードを削り落とす作業です。
    新兵器・其の壱
    この作業のために、新しいヤスリを購入しました。
    作業開始です。
    切削開始
    どんどん削れていきます。
    幅が16mmありますので、今まで使用していた幅6.0mmの100均ダイヤモンドヤスリよりも、作業効率は上です。
    その代わり、切削対象のすぐ傍に、傷つけたくないモールドがあるときには、下手に使用できません・・・。
    繊細さを求めるのは厳しい様子
    なので、ここではマイクロナイフ(精密マイナスドライバーの先を鋭く研いだようなもの)を用いて、大雑把にそぎ落とし・・・
    新兵器・其の弐
    さらにデザインナイフで削ぎます。
    余計な傷をつけないように・・・

    ところで、ランボードのみを削り落とすわけなので、その部分のみを確実に狙う必要があります。
    そこで、ランボードの周囲を極太マジックで塗っておきます。
    もう見当はついていると思いますが・・・
    ランボードをヤスリで削ります。当然その部分はプラの形成色になります。
    切削中
    このとき、切削面に沿うよう、ほぼ一定の位置に「塗り分け線」が発生します。
    この状態では、まだランボードは完全には削れていません。
    さらに切削を続けると、当然ランボードは無くなり、ヤスリは屋根をも削り始めます。
    切削完了
    そうすると、当然ランボード周りのマジックも削られるので、「塗り分け線」が乱れます。
    ということは、ヤスリはランボードではなく屋根を削っていますので、その位置はもうヤスリがけをする必要は無い、つまりランボードはほぼ完全に消えたということになります(`・ω・´)・・・ハズです。
    仕上げに、600番→800番の順にペーパーをかけて、完了です。
    ランボード無しは2次車までなのです

    さらに加工を続けます。
    8017Fの場合、無線アンテナは2ヶ所あります。内1ヶ所は台座のみです。
    なので、新たに取り付け穴を開けます。
    直径0.8mmの穴
    え?どれが新しい穴か分からないって?だって穴あけ前の写真撮り損ねたんだもん(´〃ω〃`)

    クーラーを仮載せし、配線図を書き込みます。
    書き間違えたw
    t=0.3mmのプラシートを、0.5mm×1.0mmに裁断して、「台座のようなもの」を・・・
    (´*ω*`)
    配線図に沿って接着します。
    見えますか・・・?

    ここで、クレオスの「グルーアプリケーター」に登場してもらいます。
    新兵器・其の参
    さらに、光硬化パテも用意します。
    パテを、アプリケーターに取り、配線図に合わせてパテを載せていきます。
    さて、埋もれた台座はどうしよう・・・
    そうです、配管のモールドを作ってしまおうと考えたのです。
    目指すはキット並みのレベル
    普通なら真鍮線などで行うのになぜ?と思う方もいるかと思います。
    当初は洋白線を用いて再現することも考えていましたが、もしそれを行った場合、屋根上の「モールドされている配管」などとの釣り合いを保てるか?と思いました。
    屋根配管をゼロから引き直しているわけでもなく、また既存のモールドを削いで、新たに作り直すほどの技量も無いので、今回は「モールドを作る」ことでバランスを取ろうと思った次第です。

    続いて、ランボード付きの車両2両を用意します。
    側面上部には、マスキングテープを貼っておきます。
    せっかくなので・・・
    んで、何をするかというと・・・
    気が狂ったわけではありません。念のため
    ランボードの周りに、パテを盛り付けました。
    別に自棄を起こした訳ではありませんよ(・∀・)
    この作業の意図は・・・後日記載します。
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2008/08/18(月) 23:59:44|
    2. 模型全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<ずぼらな型の修正方 | ホーム | 衝撃的な車両>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/259-7068a696
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)