赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    衝撃的な車両

    ほぼ二徹目な状態で臨んだ花火大会要員ですが、無事に終わらせて帰宅できました・・・。

    まずは、8000系床下複製の話から。
    さて、14日に枠に流したシリコーンですが、当然(というか、当たり前ですが)硬化していました。
    ようやくラストが見えてきました・・・
    土台としていた粘土を剥がし、ワックスを境界面に塗布、その後もう片面にもシリコーンを流し込みます。
    気泡を封じ込めないように・・・
    こいつが硬化し、上手く型が取れていれば、ようやく「複製」に入ることが出来ますが、果たして結果は・・・


    シリコーンが硬化するまで一晩放置しますので、その間にランボードを削る作業の準備をします。
    いきなり削っても問題は無いですが・・・
    準備・・・というか、そのままヤスリで削ってもいいのですが、ランボード以外のモールドをも削ってしまう虞もあります。
    そこで、使用済みのマスキングテープを用意します。
    これもエコw
    側面上部のコルゲーションの上からテープを貼り、保護します。
    念のため
    テープでは保護しにくい屋根上のモールドは、マスキングゾルを分厚く塗って、覆います。
    どこまで守りきれるか・・・?
    ゾルの乾燥を待ってから、ランボード削りに入る予定です。




    THE 衝撃的

    ●第一印象は・・・
    マイクロエース・都営5300形です。
    都営5300形
    はじめて見たとき(厨1頃)の印象は・・・「キモい」だったりします(´・ω・`)
    真っ赤な京急車に混じって、ひときわ目立つ真っ白な車体、思い切り突き出て見えた前面連結器と大きく口を開けた連結器周り。
    当時の自分としては、かなり強烈な印象を残したのでしょう・・・。
    改めて、落ち着いて見てみましょう。
    前面拡大
    「あの時」の衝撃を思い起こさせます。雰囲気はバッチリです。
    連結器上部の覆い(のようなのも)は、厚さが薄く仕上がっていて、シャープな印象です。
    連結器本体も、「連結器そのもの」は流用品ですが、胴受けは専用品のようです。
    また、連結器取り付け高さも、低すぎない、バランスの取れた位置です。
    側面から前面に回りこむ赤と茶のストライプも、乱れることなくキレイなラインを描いています。
    面長
    正面から見れば、僅かに縦長な感じがしますが、実写写真と並べて初めて気づく程度です。
    よく見れば、車体下部(ストライプより下)と、スカートの縦の長さの比が、若干異なるようです。
    満足な仕上がりです。でも・・・
    運転台機器も再現されています。

    おや・・・?

    あれ・・・?

    車体が白い故に、ちょっとした汚れがよく見えてしまいます(´*ω*`)
    まぁ、この程度なら自力で修正出来そうな気もしますが・・・。


    ●予想外
    マイクロエース・シキ810です。
    シキ810
    実は・・・こんな形体の貨車(?)があることを、初めて知りましたorz
    あまりにも衝撃的な車両なので、思わず購入してしまいました・・・。
    真ん中のグレーの物体は変圧器なのですね。
    別体パーツによる再現
    手ブレーキハンドルなど、別体パーツが多用されています。
    東芝物流所有
    東芝物流所有の車両です。
    まるでムカデのような足回り
    「片側」だけでも8軸あります。
    長い
    それにしても、長いです。
    ヨ8000×2両との3両セット
    この長さと軸数では、ケースから出すときも、線路に載せときも、ケースにしまうときも苦労します・・・。
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2008/08/18(月) 00:42:33|
    2. 模型全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:2
    <<屋根上の見かけに変化を・・・ | ホーム | 続・行先不安な型取り>>

    コメント

    失礼します…

    はじめまして。

    パーツの複製までされているのですね。
    私も工作派を目指しているのですが、私の技量では到底無理です…
    やっぱり形を作るのにも手間がかかるものだと思いました..

    小さい部品でしたら「かたどり君」を用いてはいかがでしょうか?できた形にエポキシパテを押し込むという方法をインターネットで知りました。

    更新頻度は週1回ですが、私もブログやっています。長さはシキ800ほどではないですが、インパクトはある列車砲を作りましたのでご覧ください。

    時々顔を出してはコメントしていこうと思いますのでよろしくお願いします。
    1. 2008/08/18(月) 01:53:35 |
    2. URL |
    3. wagen88 #leF2ecbc
    4. [ 編集]

    ありがとうございます。

    型を作るときですが、シリコーンゴムの硬化時間が、約8時間と長い割に、作業自体は1時間もかからないので、作業量と時間が釣り合わない気がするのです・・・。
    また、「いかにして気泡を入れないか」に尽きるのですが、原型を作るよりも、この作業のほうが大変だったりします。

    「かたどり君」と同じようなもので「型想い」というモノなら持っています。まだ未使用ですけど・・・
    使い方の関係で、深いモールドをもつパーツには不向きな感じがするので、単純な形状のパーツを複製するときに効果を発揮しそうですね。


    さて、列車砲を拝見させていただきました。
    これはまた強烈な車両(そもそもこれは車両と呼べるのか?)です。
    しばらく頭から離れそうにないです・・・。
    1. 2008/08/18(月) 22:15:09 |
    2. URL |
    3. 赤帯@管理の人 #-
    4. [ 編集]

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/258-a6ba80e9
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)