赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    ライトユニットを作る【仕上げ】

    昨日の段階で形になったのは1両のみなので、もう1両分も作業をします。
    2回目なので、昨日よりかはスムーズに事が進みました。

    まずは仕切り板を作って・・・
    仕切り板

    集電板を加工します。
    不要部分を切り落とす

    基盤に付いていたLEDを外し・・・
    仮止め
    所定の位置にチップLEDを仮止めします。
    仮止めには瞬着を使用しています。
    ついでに、洋白線もあらかじめ曲げ加工をしておきます。

    半田付け。
    最厚でも5.0mm未満しかありません
    1本の洋白線が、基盤の上下に回り込んでいます。
    当然ですが、前照灯と尾灯は、並列に繋ぎます。

    ・小さいチップLEDに、洋白線で「足」を生やす方法
    まずは、適当な大きさのプラ片に、チップLEDを固定します。
    瞬着剤使用可能です。
    まずはマトモに持てるように・・・

    L字に曲げた洋白線を、プラ片に固定します。
    もちろん、LEDの端子と接触するようにします。
    仮止めにはマスキングテープを使用

    クリップで、洋白線とプラ片を同時に挟みます。
    これ、持ち手を確保するためでもあります。
    半田付けし易いように

    半田付けします。
    成功しますた
    多少プラが溶ける臭いがしますがw、よほどプラを溶かさない限りは問題ありません。(ハズです)

    LED本体を摘み、プラ片から外します。
    完成
    あとは好きなように加工するのみです。


    基盤の台座には、さらにプラ棒を重ねて、高さを5.0mmとします。
    計算上は5.0mmのはず・・・

    高さは計算上、[0.5+0.5+0.5+0.5+{0.5}]+0.5+0.5+<1.5>=5.0(mm)のはずですが・・・、測ってみると5.5mmあります・・・。
    なので、仕切り板がはまり込むように溝を設け、その部分の高さを5.0mmとなるようにしてみました。
    前回の台座も見栄えを改善しました


    台車をちょっとだけ弄ります。
    無理矢理集電台車にしたものの・・・
    見てのとおり、台車集電板は、上から溝に入れているだけで、なおかつ溝の幅も大きいので、集電板の振れ幅が大きく、よく車軸の溝から外れてしまうことが見られました。
    なので、簡単に板押さえを装着してみます。
    t=0.13mmのプラシートを、4.0mm四方前後に切り出し、一辺をV字型に切り込みます。
    これを、ボルスター部分にくっつけます。
    ひっくり返しても板は落ちない
    右側(凹型のプラ片)は試作段階のものです。
    まぁ、この試み自体が試作的意味合いが強いですが・・・。

    ・ショータイム
    1両目(前照灯・急行灯点灯)

    2両目(尾灯点灯)

    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2008/07/21(月) 23:25:51|
    2. 模型全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<マイクロED42にナックルカプラー | ホーム | ライトユニットを作る【光源搭載方】>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/246-d40d8a9e
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)