赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    ライトユニットを作る【基盤の固定方】

    膨らませた構想が萎まないうちに形にしてしまいます。

    今回は、床板に基盤を固定するところまでを実現しました。


    まずは、基盤の設置位置を考えます。
    ここでは・・・
    ・基盤は床板に対して水平
    ・基盤前端と床板前端を合わせる
    ・高さは2.0mm
    としました。

    まずは、基盤の高さを決める台座の製作です。
    t=0.5mmのプラ帯を、1.3mm×3.0mmに切り出し、これを8枚(/1両)用意します。
    プラ板から切り出すよりも楽
    切り出したプラ片を、4枚重ねに接着し、t=2.0mmのブロック状にします。
    どうしても断面は揃いにくい・・・
    まぁ・・・そう巧く断面が揃わないので・・・、軽くヤスリがけをして整えます。
    1.3mm×3.0mmよりも気持ち多めに切り出して、断面を整えながらサイズをそろえると、きれいに仕上がるかもです。
    んで、このブロック状のブツをもう一つ作ります。

    床板には、基盤後端(A)と、線路方向の中心から2.5mmの位置(B)を記します。
    このスペースに基盤を載せる
    (A)よりも先端側、(B)よりも外側の位置に、先ほどのブロックの2辺を合わせて接着(=もう後戻りできない)します。
    接着後は修正がメンドクサイので・・・
    ブロックの、長手方向外側に、0.5mm×1.0mmのプラ棒を接着します。
    だんだん形が見えてキター
    プラ棒は、幅が1.0mm側の面を接着します。
    言い換えると、プラ棒の高さが0.5mmとなるようにするわけです。
    さらに、基盤のストッパーとなる(予定の)背板っぽいものを取り付けます。
    コレは無くても大丈夫かも・・・
    ブロックの断面に合わせて切り欠きを設けます。

    試しに基盤を載せてみます。
    ぴったり
    僅かなはめ込み抵抗があると、安定するかもです。
    気になる高さですが・・・
    LEDはチップ型に交換しますので・・・
    狙ったとおりです。
    ちょうど、前部標識灯と後部標識灯との間に、基盤がセットされました。


    さて、今度は集電板を弄ります。
    この辺は現物合わせなのです・・・
    集電板の、黒く塗りつぶした個所を切り落とします。
    今までなら、カッターで根気よく線を何度もなぞっていましたが、今回はリューターに丸鋸を装着して・・・
    回転してない故、ツッコミ不可w
    あっという間に作業完了とさせていただきました(・ω・´)

    曲げます。
    何度も曲げると切れてしまう・・・
    さらに曲げて、このような↓形にします。
    GMの集電板は都合のいい形なのでした。
    ちょうど、基盤の台座と集電板とで、基盤を挟み込む感じになります。

    台車をはめ直し、線路から給電されているかを確認します。
    まずは一件落着
    光りました(・∀・)

    もう一両分も加工します・・・メンドクセェ・・・
    それでも先は長いのです・・・
    余分な集電板は、最後の最後で切り落とす予定です。


    さて、この後ですが、LEDのチップ化と、尾灯、急行灯増設など・・・、重い加工が続きます・・・。
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2008/07/19(土) 23:37:04|
    2. 模型全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<ライトユニットを作る【光源搭載方】 | ホーム | 膨らむ構想⇔進まない作業>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/244-71f34299
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)