赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    問題山積状態

    というわけで、サフも剥がして完全に振り出しへと戻ってきました。
    「やり直し」が利くだけでも助かる・・・
    もちろん、隙間やへこみを埋めていた液体サフも落ちてしまっています。

    車体自体は、「厨」時代に組んだシロモノなので、組み付け状態はかなり悪いです。
    なので、再び液体サフを用いて、隙間などを埋めます。
    多めに盛り付け
    特に、側面と屋根との間にある隙間は目立つので、完全に塞いでしまいます。


    車体関係は、まぁじっくりと作業すればどうにかなりそうなのですが、床下・ライト装置関係については、かなり時間を必要とするかもです・・・。

    キット付属の床下機器と、8000系の床下機器は、比べる必要のないほど全く異なるものなのです。
    機器を並べ替えるだけでも印象は変わると思いますが、それでも足りない部分が発生するため、不足分のみ他のキットからコピーして流用する必要があります。
    じゃあ、そのコピー元となるキットは?と言われると・・・
    全く未知の領域ですorz

    ライト装置関係では、レンズ類と導光器、光源をどのように取り回すかで悩んでいます。
    また、それらを如何にして固定するかなど、課題は山積み状態です(´・ω・`)
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2008/07/05(土) 23:13:10|
    2. 模型全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<知った幸せ⇔知らない幸せ | ホーム | 塗装サンプルを作る>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/236-5b59716d
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)