赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    車体組立

    車体を組み立てます。
    8両中6両は、少なくとも4年前には「箱」の状態になっていたものを再利用しましたので、今日組み立てたのは2両のみです。

    一般に、板キットを組み立てるときは・・・
    1.側面と妻面をL字型接着して
    2.L字型に組んだ車体を、ロ字型に接着して
    3.屋根を接着する

    今回も、「マニュアル通り」の手順で・・・
    1.側面と妻面を接着
    まずはL字型
    このとき、スチールスケールを活用し、側面と妻面の直角を出しました。
    高さは、雨どいを基準としました。
    車体の裾は当てにならない・・・

    2.ロ字型に接着
    歪みの無いように
    長方形になるようにします。
    互いの辺が平行でも「平行四辺形」では洒落になりませんが(^ω^;)

    3.屋根を接着
    蓋をします
    車体の直角が出ていないと、屋根が入らないのです・・・。
    今回は、特に問題なく組立てが進みました。

    それでも出来てしまう隙間には、液体サフを塗り、ペーパーがけをして処理をします。

    サフ乾燥中・・・


    ところで、今回は6両が既に組立済みの状態ですが、これ、厨時代に作った8500系のジャンク品なのです・・・。
    この度、8000系として生まれ変わります。
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2008/06/03(火) 21:59:04|
    2. 模型全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<微工作 | ホーム | 後4ヶ所>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/221-37c3b8b8
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)