赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    後4ヶ所

    昨日、標識灯部への穴あけを行いましたが、まだ1両分が未加工でして・・・
    まだ半分・・・
    ただでさえ、0.5mm四方未満の角穴を開けるのに手間が掛かるというのに、それがまだ4ヶ所も残っていることになりますね(´*ω*`)

    まぁ文句ばかり言っても手を動かさなければ作業は進みませんので・・・
    ひとまず納得の仕上がり
    もう1両分も、穴あけを行いました。

    さて、角穴を開ける際には、いかにして「対角線の平行と四隅」を出すかがポイントのようです。
    特に小さな穴の場合、僅かな歪みでも仕上がりに影響しますので、慎重に作業を進める必要があります。
    さらに、ライトケースのモールドには、極力傷をつけないことです。
    こちらもモノが小さい故に、下手すればモールドそのものが潰れてしまう虞も考えられます。

    そういうわけで、標識灯の穴あけ作業は終了です。
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2008/06/01(日) 22:21:05|
    2. 模型全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<車体組立 | ホーム | 手が出せるところから・・・>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/220-8ba4c3dc
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)