赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    手が出せるところから・・・

    今日はこいつ↓を弄ってみました。
    GM8000系前面
    無謀(?)にも、標識灯部の穴あけを行いました。

    そのままでは、厚みがあって作業し難いので、標識灯部裏側の肉を荒削ります。
    荒削り
    そして、形を整えます。
    整形

    んで、ここからが本番。
    先に手間のかかる角灯の穴あけを行います。
    ライトケースとレンズとの間に、デザインナイフでスジを入れて、レンズのモールドを潰します。
    後ピン状態orz
    潰した跡は、多少へこんでいるはずですので、そこへ0.3mmのドリルで小穴を開けます。
    今回はピンバイスを使用
    あとは、周囲のライトケースに傷をつけないように、表と裏からナイフを入れて、穴を四角く整えます。
    最終的には、このように・・・
    またしてもピンボケorz
    四角い穴が開けば成功です。

    丸灯はもっと簡単で、中心に0.3mmのドリルで穿孔後、0.5mm→0.8mmの順に穴を少しずつ大きくします。
    最終的には直径0.9mmの穴にする予定ですが、あいにく0.9mmのドリルを持っていないため、今回は0.8mmで保留となります。
    1.0mmのドリルでは、若干径が大きいようなので、安易に使用できません・・・。

    加工後の前面


    というわけで、東急8000系8017F、ぼちぼち製作開始です。
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2008/05/31(土) 22:14:07|
    2. 模型全般
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<後4ヶ所 | ホーム | 何かをしたわけでもなく・・・>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/219-3d7b02bd
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)