赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    仕上げ

    いよいよ最終段階へと突入します。

    まずは、今まで存在を完全に忘れていたorz連結器&胴受けを用意します。
    これは、GM板キット(東急8500系)の一部です。
    今更になってこいつの存在を思い出した・・・
    これを、ボディ前面に接着するために、ボディ内側の一部をリューターで削り落とします。
    左:加工後 右:加工前

    胴受けを接着する前に、標識灯の漏光対策を行います。
    カトーの室内灯ユニットに付属しているアルミテープを、このように加工して・・・
    今回は一体形成
    前面内側に貼り付けます。
    市販のアルミテープも併用しています

    それから、胴受けを接着します。
    接着にはゴム系接着剤を使用
    急に引き締まって見えるようになった気がします・・・。


    続いて、プラ帯を用意しまして・・・
    幅6.5mm・厚さ0.5mm、この辺は適当な素材を使用
    細かく裁断
    現物合わせでカット
    重ねて貼りあわせ、断面をヤスリで整えた後、ステッカーを貼り付けます。
    181運行
    そう、運行表示器ですね。
    こいつを、助手席側の前面ガラス内側に取り付けます。
    前面方向幕にもステッカーを貼り付け・・・
    (・∀・)
    あ、いつの間にかにパンタと足回りがくっついていますが・・・w

    落成記念撮影を行って・・・
    形式写真風に
    東急7200系アルミ試作車+こどもの国線仕様、完 成 (`・ω・´)


    せっかくなので、前照灯が点いた状態で・・・
    長津田駅付近のカーブをイメージ

    余談ですが、↑の写真撮影するのに、かなりの手間が掛かっていたりしますw
    まぁ、こんな具合に・・・
    悪足搔き其の一
    悪足搔き其の二
    悪足搔き其の三
    せつめーすると・・・
    ①:背景を支えているつもり
    ②:動かないように、連結器にプラ帯を引っ掛けて、固定しているつもり
    ③:それでも動くので、テープで台車を直接固定したり、絶縁しているつもり
    ですorz


    そういうわけで、あとは収納ケースを用意すれば、すべての行程が終了です。
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2008/05/07(水) 22:58:20|
    2. Bトレ・東急7200系アルミ試作車(こどもの国線仕様)
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<収納ケース | ホーム | ラストスパート>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/208-5b0cdafe
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)