赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    同じ轍は踏まない

    今回は、以前とは違う方法で車番プレートの再現を試みます。

    まずは、マスキングテープの一部を、車番プレートの大きさに切り抜きます。
    次に、大きめの紙に、そのマスキングテープよりも一回り小さい穴を空けます。
    そして、紙に開けた穴の上から、マスキングテープを貼り付けます。
    いわゆる「テンプレート」ですね
    つまり、テンプレートを作ったわけです。
    これで、マスキングのテープの使用量と手間を省こうと考え付いたのですw

    使い方は簡単、車番プレートを再現したい場所に貼り付けて、その上から塗装するだけです。
    前回は、「塗装面積が小さいから」と筆を使用して・・・(´;ω;`)
    なので、今回は筆は筆でも「エアーブラシ空気筆」を使用します。
    使用する塗料は、前回と同じ、クレオスのスーパーステンレスです。

    マスキングの上から、適当に薄めた塗料を噴きつけ、すぐにマスキングを剥がします
    そうすることで、マスキングごと塗膜がはがれるのを抑えることに成功しました。

    結果としてはこのとおり・・・
    この質感差が欲しかった
    微妙にプレートに歪みがありますが・・・、前回の失敗に比べれば無傷みたいなものです。



    同時に、デカールの切り出し作業も行いました。
    切り出すと小ささが際立ちます・・・

    この後、クリヤーを噴き付けて、ボディに貼り付けます。
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2008/05/02(金) 21:07:28|
    2. Bトレ・東急7200系アルミ試作車(こどもの国線仕様)
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<また、あと一歩のところで・・・ | ホーム | デカール微調整>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/203-10007c2f
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)