赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    復活

    今回は、細部への色差しがメインです。

    まずは、窓・標識灯部のマスキングを一旦剥がします。
    慎重に・・・
    表面保護に使用した水性ウレタンですが、意外と塗膜が厚く、マスキングを剥がすときに注意を要しました。「明け」で集中力が散漫な時にですがorz
    マスキングを剥がすと、マスキング材との境界に位置していた塗膜が捲れてしまいましたので、軽くペーパーをかけて均しておきます。

    ここで、ようやく色差しに入ります。
    今回は、あくまでも「模型的」な塗り分けを行っています。
    また前面には、2種類の銀を使用し、同じ「銀」でも微妙な違いを狙ってみました。
    さて、具体的には・・・
    ・屋上機器(配線、アンテナ):GMカラー 灰色9号
    ・標識灯枠(前照灯、尾灯、種別灯):ガイアカラー スターブライトシルバー
    ・幌枠:クレオス スーパーステンレス
    ・Hゴム(行先表示器、窓):タミヤ フラットブラック
    ・ワイパー:タミヤ クロームシルバー
    前回よりかはマシな仕上がり
    繰り返しですが、あくまでも「模型的」な塗り分けをしています。

    今回は、「明け」での作業にしては大きな失敗も無く、無事に作業が終わりました。
    というわけで、ここに復活を宣言します。
    水性ウレタンを噴いておいて正解でした
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2008/04/29(火) 23:02:19|
    2. Bトレ・東急7200系アルミ試作車(こどもの国線仕様)
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<デカール微調整 | ホーム | 再々塗装>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/201-9c401dbf
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)