赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    超苦手⇔でも見栄えを左右する

    今日はとりあえず、屋根に噴き込んでしまったシルバーを消す作業からはじめました。
    改めてマスキングを施すわけですが・・・
    こうやってみると、噴き込み具合がよく分かります
    大きさにして0.5~1mm程度の噴き込みですが、目立つので修正します。
    その他適所にマスキングを施した後、屋根と同色で塗装し直し・・・
    修正完了
    無事に修正できましたε=(・ω・`)
    このときアクリル系塗料を使用しましたが、その希釈の際に、何かの拍子にラッカー系薄め液を使用したことは内緒ですw

    で、ここからが本番で、細部への色差しをを行いました。
    ところがコレ、ワタクシ一番苦手とする作業なのです(´*ω*`)
    場所としては、標識灯枠とHゴムと幌枠なのですが・・・
    1.標識灯枠の色差し時にはみ出したりorz
    2.Hゴムの色差し時にはみ出し、拭き取ったら下地の塗装も落ちたり_∣ ̄∣○
    3.幌枠の色差し時に、はみ出す_∣ ̄∣ (((○
    悲惨・・・
    など、3箇所中3箇所失敗するという、散々な結果に_∣ ̄∣○
    特に、「2」についてはまったくの予想外でした・・・。
    当然上塗りにはエナメル系塗料を使用し、拭き取りにもエナメル系溶剤を使用したのですが・・・。
    逆に、爪楊枝ではみ出した箇所を軽く擦って剥がしたほうが、いい結果が得られました。

    仕方ないので、再びマスキングを施して・・・
    ちょっといい加減な貼り方ですが・・・
    タッチアップを施しました。
    その結果がコレ↓です。
    あ、一箇所塗り忘れてるorz
    粗が残ってしまった箇所もありますが・・・、もうこれ以上は弄らないようにします。

    最後に、ガラスパーツにモールドされているサッシに色差しをします。
    ここでもエナメル系塗料を使用しますが・・・
    あれ・・・?
    しばらく放置していたせいか、分離していました・・・。
    よく混ぜたところ、元通りになったので、烏口を用いて色差ししました。
    一パーツにつき所要時間約40秒、まさに「秒殺」です(`・ω・´)
    明らかに異なる作業効率・・・
    しかも、はみ出しもかなり少ないです。

    とりあえず、塗装すべきモノはすべて塗装を済ませましたので、今度はデカール類の製作に入る予定です。

    Hゴムさえビシッと塗装できれば・・・
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2008/03/20(木) 22:10:15|
    2. Bトレ・東急7200系アルミ試作車(こどもの国線仕様)
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<収まらない・・・ | ホーム | 塗装本番>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/181-e35595b0
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)