赤帯模型車輌製造

    11周年12年目へ。

    マイクロ・小田急4000形暫定5両[4]

    塗装に入りました。
    テキトーに調色した青
    まずは帯色の青から塗りました。
    これはGMの小田急ブルーとスカイブルーを半々くらい?で混ぜたものです。
    ?が付くくらいテキトーです、それっぽく見えればいいや程度に考えていたので。

    その後マスキング。
    マスキングの高さを合わせるためだったが
    テープはすべてカッティングマシンで切りました。
    帯の高さを決めるためのガイドを作り、それに合わせて貼っていきました。

    そしてアイボリー。
    うーんこの
    正直、微妙。

    曲がってる・・・
    ガイドを使った割には曲がってます・・・。
    これは、もし塗り直した時の課題としておきます。

    吹き込み
    側引戸との段差を中心に吹き込み&滲みが発生しています。
    段差部分ならわかるけど、平面部分で吹き込んでるのはショックorz

    このままではちょっと
    先頭部分もこのままではちょっと無理です。

    全体的に言えるのは、アイボリーが厚くて帯との段差が目立つこと。
    マスキングの手間覚悟で白→青の順がキレイにできるのではと思ってます・・・。

    乗務員室後ろの戸袋窓部分は、ルーの再現をするためアイボリーで塗りました。
    ルーバー部分

    Hゴム部分には印刷で色が付いていたので、これを温存するためにそこにマスキングゾルを塗っておきました。
    Hゴムはマスキング
    こちらは思惑通り上手くできました。

    同時に台車への塗装も行いました。
    悪くない
    こちらは特に不具合なくできています。
    ブレーキディスクはこのあと銀を塗ってディスクを目立たせます。

    車体の塗りは改善案件なので考えます、さすがにこのまま引き渡しは出来ぬ(´・ω・`)
    スポンサーサイト
    1. 2018/02/14(水) 22:06:46|
    2. マイクロ・小田急4000形暫定5両
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<マイクロ・小田急4000形暫定5両[5] | ホーム | マイクロ・小田急4000形暫定5両[3]>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/1725-9f78b3d6
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)