赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    西武6000系50番台[44]

    アクリルを削っては嵌め削っては嵌め・・・を繰り返してます。

    それをしつつ、とうとう自作で出来なかった行先表示を探してまして、ついにずばりのものを見つけてきました。
    助かった・・・
    富士川車輌さんのものです。GMストアで見つけました。
    大きさもほぼピッタリでした。

    窓関係のはめ込みが終えたあと、屋根板を車体に接着しました。
    ほぼ完成
    そのほうが作業しやすかったからです。
    室内灯も入れてました。車内が明るくなってるのが分かるかと思います。
    この状態で完成・・・のはずですが、相変わらず集電がダメダメなので調整をしないといけません(´・ω・`)

    ここまでおおむね順調だったのですが、前回の記事アップ後に「優先席マークが左右反転してる」旨をコメントでいただいたので慌てて確認したら・・・
    言われなかったら気づかなかった
    正しい表記は各々ググってもらうとして、確かに反転状態でした・・・。

    さぁどうする・・・正しいものを買う?自作する・・・?
    色々考えましたが、発売元に問い合わせて相談をしましたところ、別の品の正しい表記の部分を送ってくださりました。
    正規の表現に

    実はこの手の問い合わせメールは人生初めてで、まずどういう書き方をすればいいのか、自分の名前等は必要なのかをググることから始めました。
    内容もいきなり「優先席マークが左右反転してる」じゃあまりにも失礼なので、あくまでも当該マークの使用方について尋ねる方向でどうにか乗り切った、って感じですね・・・。

    すでに貼り付けた分は貼り替えてます。


    削りと組立てに専念できる環境になったのでどんどん進めていき、まずは色々面倒なパンタ車から仕上げていきました。
    イきましたわw
    試作段階では本当に3両とも完成できるのか不安だった配管周りですが、大きなミスもなく完成にたどり着けました。
    配管関係はその細さとプリント方向の関係で極端に脆く破損してる箇所があり、それらを予備の出力品から調達して置換え、タッチアップしています。

    こりゃあ良い・・・
    自分で言うのも変ですけど、久しぶりに良いのができたと思ってます。

    配管パンタはすべて3D品
    配管からパンタまで、すべて3D設計&出力品です。

    もう二度とやりたくねぇw
    パンタは製品で近似のものを探すのが手間だったから描いた、とも言えます・・・w
    ちゃんと見せられるレベルです、たぶん。


    これで一つヤマは越えました。残り6両です。
    スポンサーサイト
    1. 2017/10/05(木) 21:26:06|
    2. 3D・西武6000系50番台
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<西武6000系50番台[45] | ホーム | 東急6000系7両化>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/1717-768a701b
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)