赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    西武6000系50番台[42]

    某お船のイベント絡みであまり進んでません(´・ω・`)
    参考までに、攻略難易度は甲甲甲甲甲甲丙です。このロリコン潜水艦めっ!

    床板を組むため、中に入れる錘を用意して入れようとしてました。
    入らない・・・
    ・・・入りません。

    長さは切れば良いと思ってた
    長さに至ってはどう考えても無理です。
    この部分を描いたのは1年以上前なのですが、恐らくGM完成品の床板錘を基準に描いたものと思います。
    写真の錘は恐らく板キット用、長さは切ればいいやと思ってましたが、幅を詰めるのは手間なのでパス。
    じゃあ完成品の錘を用意しようとGMストアに行ったものの、まさかの売り切れ。

    大きさを自由に決められる都合の良い錘はないか探してたところ、薄い板状の錘を見つけたのでそれを使うことにしました。
    板錘を使用
    ハサミで簡単に切断できるし手で簡単に曲げられて、使い勝手の良いものでした。
    錘スペースに入るように三つ折りにしたのを3セット用意して、床板に収めることができました。
    集電版(GM製)も同時に挟み、台車にも集電版を組み込んで、集電対応床板ができました。

    ライトユニットを付けて通電できてるか確認します。
    電球色に
    通電はできてるのですが、これを維持するのが難しく、些細な衝撃で通電が妨げられてしまう状態です。
    これはある程度何とかしておかないと、ライト点灯化の意味が無いので課題としましょう。
     

    これと並行してアクリル削りを行っていますが、超スローペースなのでしばらく作業が進む見込みがありません・・・。
    スポンサーサイト
    1. 2017/09/08(金) 20:47:42|
    2. 3D・西武6000系50番台
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    | ホーム | 西武6000系50番台[41]>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/1714-a5a5d9e7
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)