赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    西武6000系50番台[36]

    だいぶ開きましたね・・・。
    試験やら某イベントやらで触る時間が少なかったのです。


    ということで前回からの続き。
    交換した妻面を磨いて、傷等の確認のためにサフ吹き。
    傷が・・・
    やっぱり出てきましたね、想定の範囲内。

    傷は埋めればいい、そういうことで溶きパテを盛ります。
    埋めて磨く

    もう一度磨いて、車体色で塗りました。
    これで良いでしょ
    これで・・・妻面を交換したことが分からなくなった・・・はず。

    使用した色は、前回車体を塗った時と同じ、調色済みのものですが・・・
    なぜだ
    何故だ、なぜ濃さが変わってしまうのだ・・・。
    少しだけ側面にも吹き込むように塗ったのですが、マスキングをした部分を境に色がハッキリ変わってしまってます。

    見栄えがよろしくないので修正します。
    元の塗装と徐々に変わるように車体色を吹き足しました。
    誤魔化す
    これで分からんでしょ。
    側引戸にまで吹き込んでしまったので、コンパウンド等で磨いて修正、それもほとんど分からないかと思います。

    以上で車体の修正は完了しました。


    次はパンタ。
    破損対策品
    可動部の破損対策をしたものを新たに作りました。
    前回品は、パンタ台座から上枠までと、集電舟との2パーツ構成でしたが、台座と下枠との可動部の破損が相次ぎ、対策を考えてました。

    パーツ分けを見直し
    今回のは、台座、上枠から下枠、集電舟の3パーツに分けました。
    破損していた可動部を、敢えて分離して組み立て式としたのです。

    これを組み立てると・・・
    いいじゃん?
    ちゃんとパンタらしい形になりますね。
    組立て時の破損もなく、ほぼ思い通りのものが出来ました。

    悪くない
    一つ問題があって、動きが軽い、つまり上がった状態を維持しにくいのです・・・。
    走行中の振動で簡単に畳まれてしまうくらい緩いんです。
    また再調整してプリントしたのでは手間と時間と金がかかるんで、これに何らかの方法で対策をしようと考えてます。

    着色
    塗装して、必要な部分を着色しました。
    黄色いペイントがされたパンタ台座とオレンジ色のホーン先端、これも実車に即して塗り分けてます。


    まだ台車などの組立ても残っていますが、今回はここまでです。
    スポンサーサイト
    1. 2017/05/30(火) 22:55:46|
    2. 3D・西武6000系50番台
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<西武6000系50番台[37] | ホーム | 西武6000系50番台[35]>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/1707-f68a461b
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)