赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    GM・東武50050型小加工[2]

    屋根板の穴埋め処理の続きです。
    処理中
    埋めた部分だけ削り過ぎたらしく触ると凹んでたので、何とかしようとしているところです。

    さくっと片づけるはずが深みにはまって泥沼化も覚悟しましたが・・・
    やってることがほとんど同じ
    盛ったパテを削り過ぎぬよう慎重に作業してどうにか処理を済ませました。

    ・・・あれ?西武の屋根板磨きのモチベを維持するための息抜きなのに、やってることが同じじゃね・・・?

    屋根板などの塗装を行います。

    塗るのは屋根板とパンタとIRアンテナだけ・・・そう決めてたはずでしたが・・・
    思いつき
    なんか余計なことを始めてしまいました。

    白系の塗料で塗っておしまいです。
    この程度でいいか
    薄すぎて塗り具合が残念ですがそれっぽく見えればいいやと割り切りましょう。

    肝心の屋根板は・・・
    問題なしですね
    ほぼ問題なしですね。埋めた跡もほぼ消えてるように見えます。

    ここまでこれば後は車番などを貼るだけの作業だけですね。
    むしろそれが一番のヤマかもしれん
    スポンサーサイト
    1. 2017/01/26(木) 22:00:37|
    2. GM・東武50050型
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<GM・東武50050型小加工[3] | ホーム | GM・東武50050型小加工[1]>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/1697-343cea79
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)