赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    西武6000系50番台[20]

    試作品を元にデータの修正を行いました。

    主制御器の網目の深さを見直しました。
    網目深さを見直し
    角の部分の掘り方を工夫することで、2倍以上深く掘ることに成功しました。

    自作ボディマウントカプラーの構造欠陥を解消しました。
    構造的欠陥を解消
    部品同士の干渉を避けるようにパーツ形状を変更することで対応しました。

    ライトユニットの蓋部分の固定方法を変更しました。
    脆弱部分を排除
    蓋固定用のツメが予想通り速攻で割れたので、運客仕切りからピンを伸ばして本体と固定する方法に変更しました。
    また、ライトレンズ等の透明部品のサイズを微調整しました。

    動力に装着する台車へのブレーキ再現を追加しました。
    M台車にもブレーキ再現
    台車自体もパーツ数を減らして組みやすくしています。

    屋上手すりは屋根裏で繋いで一つのパーツとしました。
    裏側でつないだ
    組立ての手間を減らし、その時のパーツ紛失防止も兼ねた構造です。

    屋上と妻面の配管取付け穴を拡大しました。
    取付け穴を拡大
    前は小さな丸穴でしたが、思い切って角穴に変更し、取付け脚の大きさ自体も大きくしました。
    屋根配管は塗装前に装着を予定しています。

    車体は4面一体形成に変更しました。
    歪み防止兼支え
    どうせ表面磨くならと、あえてこの方法を試してみようと思います。
    妻面がだいぶ荒れると予想していますが、磨くのもそこまで苦労しないものと想定しています。
    新たに、出力時の車体歪みの防止と磨くときの支えも兼ねたブリッジを描きました。
    その他各取付け穴の大きさを微修正したり、幌を書き直したりなど修正を行いました。

    これでもう一度形にしてみて、修正箇所がちゃんと修正されているかをチェックする予定です。

    スポンサーサイト
    1. 2016/06/26(日) 20:35:14|
    2. 3D・西武6000系50番台
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<プリント待ち | ホーム | 西武6000系50番台[19]>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/1685-1579e387
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)