赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    西武6000系50番台[19]

    中間車の試験組立てが終わりました。

    こちらは本番を想定して車体磨きを行っています。
    表面磨き
    出力時に上向き側と下向き側でどちらが磨きやすいかを検証してみたのですが、結果としてはどちらも変わらず。
    むしろ出力品を波打たせないように配置を考えないといけないと思いました。
    それと・・・どうせ磨くなら車体一体形成で良くね?とも。

    屋根板と配管です。
    配管も出力品
    屋根板は#800相当のスポンジやすりで磨きました。
    結果としては根気よく磨けば何とかなりそうですが、効率を考えると#400相当のそれを買ってきたほうが良さそうです。
    配管は別に出力したものを屋上に接着固定しています。
    これこそ屋根板と一体で出せれば楽して見栄えの良さそうな配管が出来そうですが、屋根板が磨けないので必ずしも良いとは言えないです。

    ちゃんと浮いてます
    ちゃんと浮いているのもポイントです。
    ただし装着がかなり手間でしたのでもう少し何とかならないものか・・・。

    軽くサフを吹いてみました。
    この立体感・・・!
    車体表面は狙い通りにプリント跡を完全消去できてます。

    動力に載せてみます。
    動力に装着

    横から
    台車の軸受けと車輪の軸受けが少しずれてるようなので調整が必要ですね。
    それ以外はおおむね良好でしょうか。

    そう思ってたらですね・・・
    盲点でしたorz
    こんなところに罠がorz
    ドライブシャフトのことを全く考慮していませんでした・・・。
    すぐ忘れそうなので速攻でデータ修正しました。

    組立て順が前後しますが、動力とT車とで床面高さが揃っているか確認します。
    高さはOK
    目立った差はなかったので、これで行こうと思います。


    実際に形にして組んでみて、初めて分かったことも多々ありましたので、今度はそれらを元データに反映させていきます。
    またしばらく間が空きそうです。
    スポンサーサイト
    1. 2016/06/18(土) 20:30:15|
    2. 3D・西武6000系50番台
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<西武6000系50番台[20] | ホーム | 西武6000系50番台[18]>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/1684-18669d7b
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)