赤帯模型車輌製造

    焦ってはならん・・・

    西武6000系50番台[18]

    前回の出力品を組み立てました。
    まずは組立てそのものがちゃんとできるかを検証します。

    おおよそ想定通り
    こうなりました。
    部分的にはめ合いを調整すべき箇所がありましたが、おおむね思っていた通りに組めました。

    正面から
    正面から。
    屋上のL字アンテナですが、プリントセンターから送られてきた段階で無かったので未装着です。
    ワイパーが折れずにちゃんと出てきたのが意外な感じでしたね。

    斜め上から
    斜め上から。
    悪くない・・・でしょうか・・・?

    妻面です。
    妻面
    幌関係を中心にパーツ割の見直しを考えてます。

    ステップも実車通りに
    妻面ステップは想定通りでした。
    屋上手すりは装着するのが大変でしたので、この辺も見直しです。

    自作のBMカプラーです。
    設計ミスが発覚orz
    首振り機構で設計ミスが見つかりましたorz 要修正です。


    台車です。
    台車
    転 が り ま せ ん 。
    ブレーキシューが車輪に当たってるのが原因のようです。

    スナップ式
    床板へはスナップ止めです。
    カトーやGMとは構造を変えてます。
    実車のM台車に当たる部分へはモーターとギアケースに見立てたパーツを装着します。
    これは、台車を真横から見たときに、ちょっとだけ見えるモーターのシルエットを再現しようと考えたからです。

    転がりは要改善
    特に問題なく床板に付きました。
    改善点は、パーツ割が多く組立てが大変なのと、パーツの破損が多かったので、部品数の削減と太さの変更を考えてます。

    すべてを組み立てた状態です。
    集電板を組んだ状態
    台車と床板には集電板を仕込んであります。

    つまり、こうなると。
    前照灯

    尾灯

    中に仕込んでるプリズムは、プリント品を磨いたものです。
    これもプリント品
    これは高透明アクリルという素材で出力しています。
    これを磨くとちゃんと透明度の高い素材になりました。


    組立てだけでなく、表面処理のやり易さも検証しなくてはいけません。
    これは現在、中間車の組立てで試行していますので、それが完成したらアップする予定です。
    スポンサーサイト
    1. 2016/06/05(日) 22:12:04|
    2. 3D・西武6000系50番台
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<西武6000系50番台[19] | ホーム | 西武6000系50番台[17]>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/1683-f6150c9a
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)