赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    西武6000系50番台[15]

    「ある程度」とは何だったのか・・・。
    どうしてこうなった
    前回「コンプレッサーも『ある程度は』描いていこう」と言ってから一か月後、それはこんなことになってました。

    前回と比較(再掲)。
    HS-20っぽく見える程度にはしたい・・・
    これが・・・

    よく見かける側
    あれくらいは描いていこうの連鎖でこうなってました。

    裏側
    HS-20-4形コンプ自体に特別思い入れがあるわけでもありません。

    こんなに細かく描いたところで、全てのディテールが完璧に出力されるとは到底思えないので、完全に自己満足ですね。
    出力が保証される最小値を守りつつ、うまい具合にディテールを選んで描いていくのが一番上手なやり方なんでしょうけど・・・。

    コンプを描き終えたら、次はT車の床下です。
    6400形と6700形でIRアンテナの有無を描き分けました。
    これは6400形。
    IRあり

    6700形。(反対側から)
    IRなし

    すでに描いていた床下を弄っただけなので、短時間で完成しました。

    これで残りは池袋方の先頭車です。完成が見えてきた。
    スポンサーサイト
    1. 2016/04/15(金) 23:42:17|
    2. 3D・西武6000系50番台
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<西武6000系50番台[16] | ホーム | 通称「強化型」:その後>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/1680-de503c42
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)