赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    あの車両第二弾[4]

    作り忘れがないかよく確かめたうえで、いわゆる「板キット」状にするため車体を分割しました。

    パーツ分離
    車体表面から全ての突起物を排除するため、窓枠や沓摺部分もパーツ分けしました。

    今回はシンプルに分割
    側板の分割も単純な形状にまとめました。 5576号車が複雑だったんだ(´・ω・`)
    これだと側面に継ぎ目が出ますが、どうせ車体は磨くのでその時に処理すれば良いかと。

    窓ガラスを追加
    窓ガラスは、今回は厚さ1.0mmのアクリル削り出しで作ろうと思います。
    完成品(SUS車)の窓パーツが都合よく手に入るとも限りませんし、僅かな誤差で嵌らなくなるので。
    これも5576号車から得た反省点です。

    これで中間車はほぼ完成(だと思う)なので、先頭部分を作り始めました。
    いよいよ先頭部へ
    現在は側開戸まで作ってありますが、今これのパーツ分けに頭抱えてます(´・ω:;.:...
    これさえクリアできれば、いよいよ前面部分を・・・と思ってます。
    スポンサーサイト
    1. 2015/11/15(日) 20:35:25|
    2. 3D・西武6000系50番台
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<あの車両第二弾[5] | ホーム | あの車両第二弾[3]>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/1662-0c7582c4
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)