赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    GM・東急1000系(改)[10:追加工作]

    9000系のリメイクが終わってから、少しずつ進めていました。
    1500系向けに調整
    1500系向けライトユニットです。
    既存のライトユニットを改造した、運転台シースルー型ライトユニットの試作から1年半、こちらも3Dプリント品に置き換えます。

    裏側
    実車に合わせてワンマン機器などを追加してます。

    実際に出力されたパーツでは・・・
    もはや自己満足の世界
    この角度でないと分からない、完全に自己満足の世界です。
    車体に組んでしまえば殆ど見えませんし。

    これをそれらしく塗ってみました。
    塗ってみた
    塗り分けはかなり適当です。
    パーツ表面の磨きもしてない、というか磨きが困難で表面がすごいことになってます・・・。
    今回もマスキングゾルを使ってみたのですが、剥がすときにパーツ破損がでてしまいました。
    この辺難しいところですね・・・。
    機器毎にパーツ分けすると組立にかなり苦労しましたし、一体形成だと塗り分けのマスキングが大変だし・・・。

    運転台側壁面は緑色で再現。
    運転席側だけ緑色で


    ユニットに組み込む導光材は、今回はアクリル削り出しです。
    あとは磨くだけ
    iModelaで両面切削したものですが、思い描いていたものにだいぶ近い形になりました。
    これをさらに磨いて組み込んでみようと思います。
    素材自体が細いので光量不足な予感しかしないですけどね(´・ω・`)
    スポンサーサイト
    1. 2015/09/05(土) 20:40:41|
    2. GM・東急1000系(改)
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<GM・東急1000系(改)[11:追加工作] | ホーム | 3D設計で5576号車[6:完成]>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/1651-aa8e7d37
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)