赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    隠蔽工作

    決してヤバいことを隠しているわけではありません。
    隠したのは修正痕ですw

    ・・・というわけで昨日に引き続き、今日は下地の最終処理を行いました。
    その前に、昨日寝る前になって、前面パーツの裏側をマスキングし忘れていることに気づき・・・
    気づいてよかった・・・
    こんな具合で、マスキングゾルでマスキングをしました。

    そして翌日(今日)、天気も良くて、ゾルも乾燥していましたので、サフ噴きの準備をしました。
    準備・・・といっても、ボディに割り箸を取り付けるだけですが・・・。
    準備完了
    この状態で、サフを噴きつけます。
    今回は、タミヤのファインサーフェイサー(ホワイト)を使用しました。
    これ、説明書きには「塗る面と噴射口との間は、20cm前後が適当です」と書かれているので、一回目はそれにしたがって噴くことにしました。
    しかし、対象物が小さい故に、スプレーされたサフの大半は大気中に散ってしまいます(´・ω・`)
    なので、一回目のサフ噴きでは「全体的に粒子がくっついている感じ」になりました・・・。
    続いて二回目、三回目のサフ噴きでは、スプレーとの距離はそのままで、同じ面に対してややしつこく噴き付けました。
    すると、下地はだいぶ隠れましたが、表面が梨地になってしまったようです・・・。
    最後、四回目では、スプレーとの距離を縮めることで、梨地を防ぐとともに、下地をほぼ完全に隠蔽しました。
    質感差も無くなった模様

    そして、サフが乾燥するのを待ってから、仕上がりを確認しました。
    結果はこのとおり↓です。
    遠目では特に問題はないようです

    気になる前面パーツとの隙間は・・・
    まずは側面から
    あ、ホコリが・・・
    続いて屋根から
    う~ん・・・

    結果としては、まずまずですが、完全に隙間が埋まったとは言えないようです・・・。
    また修正する必要があります。

    完成は何時になることやら・・・
    スポンサーサイト

    ジャンル:趣味・実用 - テーマ:鉄道模型

    1. 2008/02/21(木) 23:42:53|
    2. Bトレ・東急7200系アルミ試作車(こどもの国線仕様)
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<ちょっとだけ・・・ | ホーム | 隙間の消去>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/165-8db2d307
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)