赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    3D設計で5576号車[4]

    久しぶりに5576です。

    前回は一体形成の車体を見てみましたが、今回は板キット状の車体を見てみます。
    板キット状のもの

    一体形成では車輌の前後方向の長さに不具合が見つかったのですが、これも例外なく・・・
    どうやら誤差の積み重ねらしい
    具体的には、合計で0.3mmほど窓の配置が中央に詰まっていたと。
    一箇所あたり0.075mmと考えると、採寸ミスって言うよりは誤差の積み重ねって感じでしょう。
    0.1mm未満は流石にわからんです(´・ω・`)

    その誤差を修正して再度出力しました。
    修正して再出力したもの
    今度はしっかり窓パーツが嵌りましたので無事修正できたようです。

    下地塗装を行うために、超音波洗浄機で洗います。
    しつこいくらいに洗う
    洗いだけでも1時間以上かけました。

    サフを吹いてみると表面の状態が良く分かるようになるのですが・・・
    あー・・・
    なんか・・・思った以上にでこぼこしてました。

    試しに、プロクソンのポリライトホイール1000で磨いてみたのですが・・・
    まだまだ
    全然ダメです。

    結局普段どおり手作業で磨くことにしました。
    結局手作業で
    表面から突起物を徹底的に排した設計なので、磨き自体は楽です。
    ※手間が掛からないとは言ってない

    四面すべて磨いて、下地は出来上がりです。
    こんなものだろうか
    今後もう一度サフを吹いて、それから車体色に塗る予定です。


    板状に出力してもそれなりに磨きが必要なことを考えれば、組み立ての手間を考えると車体は一体形成出力でも良さそうです。
    その代わり、外板の突起物は別パーツにするなどで徹底的に排除しておく必要があるかと。
    じゃあ、コルゲートはともかくビードみたいな部分(この例だと妻面)はどうするかが悩みどころです。
    別パーツ化も一つの方法でしょうけど、設計精度によってはパーツ同士で隙間ができて見栄えが悪くなるし・・・。
    コルゲーションみたいに平面が殆ど無い部分=表面の段差が目立ちにくい(?)部分は、板状出力で側面に貼り付けるとか方法がありそうです。

    まぁいずれにしても、それなりに手間をかけないといけないことは分かったので、今後編成モノをやるときは、磨きの効率化も考えないといけませんね・・・。
    スポンサーサイト
    1. 2015/07/27(月) 21:08:53|
    2. 3D・5576号車
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<3D設計で5576号車[5] | ホーム | MDプリンタ・カラーサンプル>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/1648-c2178289
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)