赤帯模型車輌製造

    11年目突入

    【在りし日の】GM・東急9000系9001F[36:リメイク]【東横線】

    3Dプリント発注してたパーツが形になって帰ってきました。

    まずは貫通幌。
    ただし強度はお察し
    接着剤無しでピッタリはまり込んでます。
    市販品より薄くなってるので強度の面では不安ですが・・・。

    床下ステップと手歯止め。
    エッチングパーツより立体的に
    なるべく実車の形に近づけてみました。
    エッチングパーツよりかは立体的になったと思うんですが、どうでしょう。

    そして本命のライトユニット。
    ライトユニット本体
    でも半分以上はユニットに付属するアクセサリーですw
    実際に出力してみるとほんと小さいです。


    それらを塗ってみました。
    塗ってみた
    特に大きな問題は無いように見えるのですが・・・

    こんな感じだっけ?
    銀で塗るパーツに関してはプリント跡が思い切り出てきてしまうのもありました。
    これは前面非常はしご(のつもり)なんですが、筋が目立ってますね。
    ただし実際は前面ガラス越しにちょっとだけ見える程度になるので、対策するほどの問題ではないかなと。

    ライトユニット本体は塗り分けが必要なのでマスキングをして・・・
    ぺろーんorz
    こうなりましたorz

    確かに出力品に若干ぬめりがあったので、プライマーを吹いて誤魔化そうとしたのですがダメでした。
    嫌らしいことに、塗膜が気持ちいいように剥がれてくるんですよええ(´・ω・`)

    数分間シンナー漬けにしてお湯で洗い、振り出しに戻ったのがこちら。
    振り出しに戻る
    透明度は低下し、極薄のところは水分を吸って歪んでいます。
    どうで塗るので透明度の低下は影響無く、歪みも乾けば元に戻るようなので、このまま放置して様子を見ます。


    それと平行してアクリル切削も行っていまして・・・
    極薄のプラ板を切ったほうが早い?
    極薄のパーツを削りで作ってました。
    極薄のプラ板切ったほうが早いって言われればそれまでですが、ライトレンズと一体で作りたいがためにこういう面倒な工程になってます・・・。


    残るは組立てですが、これが上手くいくかどうか・・・。
    スポンサーサイト
    1. 2015/01/29(木) 21:36:08|
    2. GM・東急9000系9001F
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<【在りし日の】GM・東急9000系9001F[37:リメイク]【東横線】 | ホーム | 【在りし日の】GM・東急9000系9001F[35:リメイク]【東横線】>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://redbelt.blog98.fc2.com/tb.php/1631-e1b37bb7
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)